博多湾で落とし込み釣りが出きるポイントを知っておこう!

博多湾のどこで落とし込み釣りをしたらいいの?

博多湾と、一口に申しても、結構広いです。

 


環境省・閉鎖性海域ネットより

 

 

東は志賀島の先端に位置する明神鼻と、東は糸島半島の西浦埼を結び、陸地に囲まれた海域が博多湾なのです。

 

 

多くの釣り人の間では、博多湾の湾奥と言う表現を使いますが、多くは箱崎埠頭の多々良川河口付近から、小戸のヨットハーバーの十郎川河口付近ぐらいまでが、博多湾の湾奥と言う表現をされています。

 

 

東から、

・箱崎埠頭
・東浜埠頭
・中央埠頭
・博多埠頭
・那の津埠頭(須崎埠頭)
・荒津オイルセンター
・伊崎漁港付近
・ヤフオクドーム裏
・百道浜付近
・室見川河口
・姪浜漁港付近
・マリノア付近
・小戸のヨットハーバー付近

と言うところがだいたい博多湾の湾奥であると言っても差し支えないと思います。

 

 

一言に博多湾の湾奥と言っても、かなり広大なことが理解できるはずです。

 

 

更に、上記の地図では分りにくいのですが、博多湾には通称沖防と呼ばれる長い防波堤があり、クロダイ釣りの道場みたいになっています。

 

 

クロダイの魚影が大変濃い防波堤で、以前は、関西や関東からも泊りがけで釣りに来る釣り人もいたそうです。^^;

 

 

スポンサーリンク

 

博多湾の湾奥での釣り場ポイントの探し方

 

私は今現在博多区に住んでいますので、専ら釣りに出かけるのは、箱崎埠頭、東浜埠頭、中央埠頭、那の津埠頭(須崎埠頭)、荒津オイルセンターが、メインの釣り場となっています。

 

 

以前は、南区に住んでいましたが、この時も釣り場は今とそれほど変わりませんでした。

 

 

ですが、単に箱崎埠頭と言っても、これまた釣り場は広大ですし、ポイントが点在しています。

 

 

限られた休日で、一つの埠頭をすべて歩き回ることさえ、かなりハードなことはお分かりいただけるかと思います。

 

 

それぞれの埠頭には、季節によって釣れる魚が集まるポイントが点在します。

 

 

その季節ごとに点在するポイントをどれだけ知っているかで、釣果が大きく変わることはお分かりいただけるかと思います。

 

 

しかもポイントが2メートルぐらいの幅しかないような、ピンポイントもあります。

 

 

ここをずれると、全く釣れない様なポイントもあります。

 

 

釣り雑誌などでは、各ポイントに釣れる魚を記した地図が載っていることもありますが、ごく稀に、当っていることもありますが、多くは口コミや概略ですから、アテにはなりません。

 

 

ですが、恨んだりしてはいけません。

 

 

釣りは、あくまで自分で竿を出してみないことには、到底分らないことだらけなのです。

 

 

さらに、いろいろな条件が絡み合っていますので、たまたま行ったときに、釣れた・釣れないが起こるのも海釣りの特性です。

 

 

多くの釣り人は、各自マイポイントをお持ちです。

 

 

ここが釣れるんじゃ〜ないだろうか?

 

 

あそこが良いかも?

 

 

いろいろと釣り場に行くことで、引き出しが多くなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮