一般的に市販されている釣りエサの最高峰!?

効果抜群だが高価なのでイマイチ使わない岩ムシ

博多で言うところの岩ムシの学名はイワイソメと言う。

 

 

 

 

韓国から輸入される輸入モノと地元で採取される地物とがあるが、区別は簡単。

 

 

地物のほうが黒ずんでおり、切れやすく、不気味な体液が多い。^^;

 

 

一方輸入モノは薄暗いところで養殖されているせいか、色が淡く体液が少ないが、切れにくいと言う性質があるように思えます。

 

 

どちらも釣りエサの中では効果絶大なるエサにかわりがないのですが、いかんせん高価なことがたまにキズ。

 

 

100グラム当たり1600円〜1800円ぐらいが相場です。^^;

 

 

高級な牛肉並みの高さなので、おいそれとは使えないエサです。

 

 

バブリーだった頃はこの岩ムシを200グラムも買い込んで、沖防に渡り、メイタ〜チヌ釣りをしていましたが、ここ最近はとんと使わなくなりました。

 

 

50センチオーバーのチヌですら、アオムシで釣れるのですから、岩ムシまで買って釣るような魚は博多湾にはいない様な気が致します。

 

 

関東では「アイナメを釣る時に岩ムシが手に入らねば、釣りを諦めろ!」と言われるほど、アイナメには威力抜群のエサとされていますが、既に博多湾ではレッドデーターブックに載りそうな勢いでアイナメが減少しています。^^;

 

 

しかも、アイナメもアオムシで十分釣れます。

 

 

その昔、九十九島に浮かぶ養殖イカダや真珠だなから岩ムシをエサに、マダイやサンバソウではなくイシダイを数多く釣ったことがあります。

 

 

そういう場所で、狙うターゲットによっては使い甲斐がある虫エサと言えますが、昨今の博多湾で使う価値があるとも思えません。

 

 

もちろん、昼間にチヌが食い渋った時に使うと言うことも稀にありますが、近年ほとんど買いません。

 

 


この須崎埠頭で釣ったチヌが岩ムシを使って釣った最後の獲物です。

 

 

ちなみに私は岩ムシをエサにするときは、ハリは渓流バリ9号かメバルバリの9号を使います。

 

 

俗に言う「大バリに大エサ」です。

 

 

ですが、悲しいことに岩ムシを使って、クサフグやベラにエサを齧られると言うことが多々あります。

 

 

精神衛生上よろしくないです!!

 

 

こんな高価なエサが瞬時に齧られると泣けてきます。^^;

 

 

随分昔のお話ですが、姪浜の渡船場がある防波堤で、私が不用意にエサ箱の蓋を開けっ放しにしておいて、随分とはなれたところでチヌを狙っていたら、エサ箱の所にカラスがいるのを発見!

 

 

急いで、竿を置いてエサ箱のところに戻りますと、エサ箱が空っぽになっていました。(涙)

 

 

エサがなくなった私は仕方なくフナムシを捕まえて釣りを続けた記憶があります。

 

 

昼間のフナムシのスピードは尋常な速さではありませぬ。

 

 

チヌを釣る前から、ヘトヘトになりました。

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮