エサ取りが多いときのマストアイテムのエサ

大型のチヌには最適な岩ガニ

今現在釣具屋さんで売られている岩ガニと言うのは学名イソガ二やヒライソガ二のことです。

 

 

 

昔はコメツキガ二のことを豆ガニと呼んで、博多の釣具屋さんにはたいてい売られていたのですが、今ではほとんど見かけなくなりました。

 

 

釣具の個人店そのものがなくなりましたし・・・。

 

 

エサにする岩ガニの大きさは甲羅の大きさが1cm程度から大きくても親指の腹ぐらいまでで、大きな岩ガニには50センチを超えるチヌが良くアタリます。

 

 

カラス貝と並んで夏場に強いエサですが、夏場は虫エサですとエサ取りにすぐにエサを取られるため、意図的にカニやカラス貝をエサに使います。

 

 

そうすることでメイタ〜チヌを狙い撃ちするわけですが、ごくたまにセイゴ〜スズキがアタルことを除けば、他にアタリがないためにモエビや虫エサに比べると面白みに欠けるエサであると言えますが、反対にそれが好きで、好んでカニエサを使う釣り人もいます。

 

 

私がカニをエサにするときは少し変わったカニ専用のハリを使うことにしています。

 

 

 

 

妙な形をしたハリでしょう?

 

 

チヌのカニエサぐらいしか、こんな妙な形のハリは使わないはずです。

 

 

 

 

お腹から背中に向ってハリ先が少し出るぐらいにハリを刺します。

 

 

 

 

カニは引っくり返してお腹の右下のほうに心臓がありますので、ここを避けてハリを刺さないと、すぐに死んでしまいます。

 

 

後は軽いオモリでユラリ〜ユラリ堤防の壁際を落とし込んでいくか、6Bのガン玉を2個ほど付けて海底付近を探るのかは好みによります。

 

 

私は気が短く、セッカチなので専ら後者の釣りパターンが多いです。^^;

 

 

 

 

御笠川の河口付近はキビレが多く、40センチを超えるキビレを7〜8メートルの海底でハリに掛けますと、引き味を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

同じ大きさですと、キビレのほうが体高があり、引きが強いように思えます。

 

 

カニエサは動かなくなったら食いが悪くなる様な気がします。

 

 

そういう時はためらわずに活きの良いカニと交換しましょう。

 

 

アタリがあって、ハリに掛からない時は、たいていカニが砕かれています。

 

 

 

 

釣りの本には、ハサミも足もすべて取ってしまってハリに刺すようなことも書かれていますが、動きがあったほうが食いが良い様な気がします。

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮