簡単でシンプルな落とし込み釣りの仕掛け

私の落とし込み釣り仕掛けの変遷

今現在、私は日中でも目印イトを使ったり、ライン自体に色を塗ってあるミチイトを使ったり、超極小のシモリを連玉にして使うことを全くしなくなりました。

 

 

もちろん私自身の落とし込み釣りの黎明期では、市販の目印イトを購入し、それを参考にかなり自作の目印イトなども作りました。

 

 

それだけでは飽き足らず、細い電線の黄色や赤、青のビニールパイプを極細のピンで止めて、可動式の目印なども使っていました。

 

 

さらには、クロ釣りやサヨリ釣りで使う連玉仕掛けを応用して、超極小の連玉シモリを5つほどミチイトに取り付けてエサの沈降速度が徐々に遅くなるようにも考えて使っていました。

 

 

また、オーバーハングになっている釣り場では、込み潮に乗せて足元の下に入っていく様に、極小のサーフボードの形をしたモノを自作してオーバーハングを攻略していました。

 

 

結果的には、どのタイプの目印のパターンも、それなりの成果を上げることが出来ました。

 

 

ほとんどの釣り人が手も足も出ない様な釣り場で、私だけが入れ食い状態ということもありました。

 

 

その当時は、「釣れた魚」ではなく「釣った魚」にこだわりを持っていました。

 

 

狙った魚を自分でコントロールして釣ることこそが眼目であり、「たまたま釣れた魚」にたいした価値を見出せなかったのです。

 

 

そんな頃から20年以上も歳月が流れると、「自然の摂理」をある意味甘受できるようにもなりました。

 

 

ムキになって釣る必要もないし、四季折々の魚と遊べれば、それが一番!とも思うようにもなりました。

 

 

あえて隠れているような魚などに、どうにかしてエサを食わせて無理矢理釣らなくても、隠れている魚は隠れさせておけば良いし、無理して釣り上げる必要もない・・・とも思うようにもなりました。

 

 

そんなことを考えれるようになってからは、仕掛けが段々シンプルになっていきました。

 

 

それが良いのか悪いのかは、別問題です。

 

 

恐らく、これから落とし込み釣りを始めよう!!だとか、50センチオーバーのチヌを釣ってみたい!!と、思っている方からすると、為にもならないことを言っているのかも知れません。^^;

 

 

スポンサーリンク

 

 

使うタックルで仕掛けも変わっていった!

 

 

私は、現在ではほとんど博多湾の湾奥の釣り場では、2・7メートルのハンドメイドの落とし込み用の竿を使います。

(手前の小さなリールが付いた竿です)

 

 

たいした理由もないのですが、Uガイドとミニクロガイドが市販のモノより僅かに少なくて、ミチイトを通すのがそれほど面倒ではないと言う理由だけです。^^;

 

 

基本的に、面倒臭がり屋で無精者なのです。^^;

 

 

それ以外の理由もあります。

 

 

移動が簡単だからです!!

 

 

私は、基本的に短気でセッカチなので、エサを付けて狙った釣り場でアタリがない時はすぐに移動します。(爆)

 

 

同行者がいると、ほとんどの方が呆れるほど、すぐに移動するのです。
(基本的に集団行動が苦手なんです)^^;

 

 

そんなときは、2・7メートルの竿を1本だけ縮めて、運転席の後部座席の窓を開けて、仕掛けをそのままにして、後部座席に差し込んで移動します。

 

 

これですと、クルマの屋根から数十センチしか竿先が出ずに、道交法違反にもなりません。

 

 

次の釣り場に着いた途端に縮めた1本を伸ばせば、すぐに釣れる状態になるのです。

 

 

移動するたびに、仕掛けを切って、移動した場所で、再びミニクロガイドやUガイドにミチイトを通すことから始めなければならないとすれば、恐らくこの釣りは100%しなくなっていると自分で思うのです。

 

 

この記事を読まれて、なんと横着もんなのか!と呆れる方と、効率的なやり方だ!と思う方もおられるかと思いますが、基本的には面倒臭がり屋なだけです!!

 

 

ただ、それだけです!!

 

 

面倒臭がり屋の仕掛けなど参考にならんバイ!!と思う方は本当に参考にならないので、他のサイトに飛ぶか、次の記事を読まないことをおススメします。

 

 

読んだところで、呆れるのがオチかもしれません。^^;

 

 

参考になれば幸いですが、参考にならんぞ!!と、記事を読んで怒り狂っても、知りませんよ〜!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮