博多湾の落とし込み釣りと潮の関係

博多湾の落とし込み釣りにはどんな潮が良いのでしょうか?

私も含めて多くの釣り人は、釣れる時合いに法則性を求めたがる傾向にあります。

 

 

 

 

朝マズメ、夕マズメはもちろん、上げ潮、下げ潮。

 

 

それ以前に釣り人の多くが気にするのが「潮の大小」では、ないでしょうか?

 

 

長潮、若潮、小潮、中潮、大潮と言うような「潮の大小」です。

 

 

 

改めて私が言うまでもなく、潮の干満は月の引力によって、起こるのだ・・・そうです。

 

 

なんとなく、分るような、良く分からない気持ちになります。^^;

 

 

球面上の地球の7割は海であり、水なのですが、水が落ちないのは、地球の引力があるからだと、言われても、やはりなかなか理解できません。^^;

 

 

 

そういう理屈は抜きにして、「潮の干満」は、古来より延々と行われてきました。

 

 

私も含めて、今現在生きている方の一生など地球の歴史からすると、ほんの僅かの瞬間です。

 

 

私やあなたが他界しても、「潮の干満」は未来永劫、永遠に続くはずです。

 

 

その干満はもとより、潮の大きさに法則性を求めたがるのが釣り人の性です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

釣りとデータの関係を突き止められなかった残念過ぎる私

私は、30代の頃からおよそ10年以上、釣りに関するいろいろなデータを取り続けました。

 

 

ですが、頭脳明晰でないこともあってか、法則性を見出せないでいます。(笑)

 

 

データ通りになるときもあれば、まるでアテにもならない時も多々ありました。

 

 

50歳を超えるぐらいから、法則性を見出すことを無視しました。^^;

 

 

先にも書きましたが、「海は生き物」です。

 

 

潮の干満と、潮の大小だけで、釣れる・釣れないが決まるほど浅薄な世界ではありません。

 

 

「釣りに出かけるある日」を想定してみてください。

 

 

その日の一週間前の雨量、気温、風向きなどで海のコンデションは全然違ってきます。

 

 

雨の翌日に釣り場に行って、爆釣した経験もありますが、雨の程度にもよります。

 

 

台風&大雨がしばらく続くと、ボウズを食らうことも度々ありましたし、台風の最中で良い思いをしたこともあります。

 

 

釣りの本などに書かれている内容は、一般論と言うより、ご本人の思い込みか錯誤のケースが多いような気もする時があるのです。

 

 

恐らくこれまで、数百冊の釣りの本に目を通してきました。

 

 

そもそも、一般論があるようで、ないのかもしれません。

 

 

一般論自体が一般的ではないような気も致します。

 

 

どのような潮だろうと、釣れる時は釣れるし、釣れない時は釣れません。
(これをいっちゃ〜、おしまいなんですけど!)^^;

 

 

この日、この時!とばかり行った釣り場で、良い思いをすると言うより、むしろ、苦い思いをした記憶のほうが数多くあるんです。^^;

 

 

 

 

なので、私は「潮の大小による法則性」を見出すことを断念しました。

 

 

・スズキは大潮周りが良い!
・チヌは下り中潮の上げ潮が良い!
・メバルは凪のほうが良く釣れる!

・・・・などと云う言葉を、私はほとんど参考にもしなくなったんです。^^;

 

 

私の50年に及ぶ釣りの経験の中で、そう思ったことは、ほとんどないからです。

 

 

とにかく、場数勝負だと思います。

 

 

千歳一隅のチャンスなどとは、私自身の勝手な思い込みでしかないことを何十回、何百回も経験しました。

 

 

釣りに出かける際は、潮の干満による先入観は捨てたほうが良さそうな気が致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮