博多湾の落とし込み釣りでムラソイを釣る

須崎埠頭や箱崎埠頭などでへチを探っていると、黒々とした岩の塊のような魚が釣れることがあります。

 

 

よくよく見ますと、アラカブでもないし、タケノコメバルとも違うし、もちろんメバルではない!!

 

本当に真黒なものもいます。

 


釣れた時はカラス貝の塊?と、思ってしまうほどの黒さです。^^;

 

 

あまりに黒いので、最初はクロソイとばかり思っていましたが、いろいろなサイトや本で調べるとムラソイであることが判明しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

クロソイとムラソイの違い

 

黒いからクロソイと考えるのは短絡的で、クロソイは北海道の鯛と呼ばれる魚で、日本全国にいることはいるんですが、北海道や東北方面などどちらかというと寒い地域によくいるようなのです。

 

 

私が記事にするよりもこちらの画像をご覧いただければ、クロソイという魚がお分かりいただけると思います。

 

 

私は少なくとも博多湾でも福岡市近郊の釣り場でも釣ったことがない魚がクロソイです。

 

 

私がたまに釣るのがこちらのムラソイ

 

 

模様が明らかに違います。

 

 

ものの本によれば、煮付け、刺身、塩焼きで美味しいと記載されていますが、我が家ではメバル、アラカブ、タケノコメバルよりも評判はよろしくありませんでした。^^;

 

 


(左下2匹がムラソイです!)

 

 

いずれにせよ、狙って釣れる魚ではありません。

 

 

30センチぐらいに成長するとも本には書かれていましたが、これまで釣った最大級は能古島で釣った24センチが最大です。

 

 

小さなムラソイは水槽で飼いたくなるような、可愛い感じの魚です。

 

 

ハオコゼがペットショップで売られていることを考えますと、ムラソイのほうが危険がなくて、可愛い様な気がいたします。

 

 

ごく稀にしか釣れませんし、20センチ以下はリリースしたい魚です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮