博多湾の落とし込み釣り 中央埠頭東側

近年一番良く行く中央埠頭の東側・御笠川河口

私が近年一番足繁く通う釣り場の一つ御笠川河口に位置する中央埠頭の東側です。

 

 

 

 

面倒臭がり屋の私がここに通う理由は概ね2つです。

 

 

1つは車横付けでクルマから降りてタックルを出せば釣りが出来ると言うお手軽さ。
もう一つは御笠川河口なので、通年セイゴが必ず釣れること。

 

 

雪が降るようなクソ寒い時も、なぜこのポイントには小さいながらも20センチから30センチぐらいのセイゴが居ついている。

 

 

他の河口ではなかなか考えられないことなのです。

 

 

つまりボウズを回避できる確率が極めて高いと言うことで、この釣り場についつい足を運んでしまうんです。 ^^;

 

 

 

夕方から短時間で釣るのが私の釣りのスタイルなのですが、それにせよ、ボウズはつまらないし、面白くない。

 

 

釣りの技術も数をこなしてこそ磨かれるものであり、釣れない場所で竿を出してもまるで無意味だとも思っているんです。

 

 

だが、この場所で大物と出会えるチャンスはあまりないと言うかほとんどない。(ルアーのシーバス・泳がせのシーバスは除く)

 

 

 

 

なぜならば、足場の良さと釣り場の近さから釣り人が入れ替わり立ち代わりやってきて、サビキ釣り、コウイカ釣り、投げ釣り、シーバス狙いのルアーフィッシングをやるからでもある。

 

 

要は朝早くは地元の爺ちゃん達がやってきて、昼間から夕方にかけてはもっぱらファミリーフィッシングを楽しむ方々、夕マズメ辺りからはルアーマンが次々と出没する釣り場なのです。

 

 

こういう場所には大型のチヌはまず付くことがありません。

 

 

もしも狙うとすれば、何日間も天気が悪くて釣り場に誰も行かなかった日が続いた早朝だとか、数日間釣り人がいなかった夜だとかでなければ、可能性は極めて低い。

 

 

また、大型船舶が停泊できるように水深が深いため、昼間に海底付近を狙うには面倒な深さでもあるんです。

 

 

たいした障害物がないことも災いしてか大きな魚が付く要素は極めて低い。

 

 

 

 

それでもこの釣り場に通うのは海面までの間隔が狭く、実に釣り易く、狙い易いポイントだからでもある。

 

 

 

 

私が狙うタナは季節に拘わらずたいてい決まっていて、足元から2ヒロのところである。

 

 

干満もほとんど関係ない。

 

 

おそらくはその位置がカラス貝の層になっていて、そこにいろいろな魚が集まるようだ。

 

 

 

 

海上保安庁の船が停泊しているところはかっては、メバルやセイゴの宝庫であったが、数年前の夏の猛暑で海水温が上がった年からほぼ姿を見なくなった。(涙)

 

 

一番奥は立ち入り禁止のフェンスがあり、ここまでが釣りができる範囲である。

 

 

 

ご丁寧にフェンスの横には有刺鉄線が張り巡らされている。

 

 

 

 

この有刺鉄線は釣り人の侵入を防ぐだけでなく、外国人の船員が逃走することを防止する意味でもあると推察している。

 

 

有刺鉄線にミチイトが絡むことがあり、迷惑であるが、甘受するしかない。

 

 

間違っても、ペンチなどで切らないように!!

 

 

年間を通じて釣り易いポイントである。
特に冬場は北西の風が強くてもこの釣り場だけは竿を出せることが多い。

 

 

福岡市では、外国人観光客の爆買い目当てに、この中央埠頭を200メートルも延ばす計画があるらしい。

 

 

さすれば、この釣り場は暫く入れなくなるかもしれない。

 

 

それ以前に中国経済と爆買いがずっと続くとも思えないのは私だけではないはず。

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮