博多湾の落とし込み釣りでクサフグ(チイチイフグ)を釣る 

防波堤のターミネーターのチイチイフグ(クサフグ)は食べるべからず!!

博多ではクサフグのことをチイチイフグと呼びます!!

 

 

 

最初は爺ちゃん連中のスラングとばかり無視していましたが、自分がいざ年を重ねると「チイチイフグ」と言う呼び名を残さないけんバイ!!と思うようになりました。  ^^;

 

 

 

そして、私もいつの間にかチイチイフグと呼ぶようになってしまったクサフグ。

 

 

 

 


(この方はクサフグにあらず!)

 

 

 

 

誰が命名したのか知る由もありませんが、なんとも言いえて妙なネーミングだとは思いませんか?

 

 

 

釣り上げると、歯をカチカチの鳴らしながら空気を吸い込み膨れる様はどことなく愛嬌があり、憎めません。

 

 

 

 

ですが、外道の中の外道で、チイチイフグが釣れて嬉しい釣り人など・・・極々限られています。

 

 

 

ひどい方になると、そのまま放置したり、地面に叩きつけたりしています。

 

 

 

気持ちは分らないでもありませんが、やめましょう!!

 

 

 

ハリスを替えて、ハリを替えて、エサを付け替えて、イザ!!と思ったら、チイチイフグにハリごと飲まれて、ハリを結びなおさなくてはならないことを私も恐らく何百回と経験しました。 (涙!)

 

 

 

腹だたしいやら、情けないやら、悲しい気分にもなります。

 

 

 

しかも、落とし込み釣りだけではなく、ウキ釣りだろうと、投げ釣りだろうと、時にはワームやプラグ、メタルジグまで掛かります。

 

 

 

「フグは税金みたいなもんで仕方ない!!」と言う釣り人もいますが、付け替えたばかりのエサを取られると腹が立ちます。

 

 

 

ですが、コレも自然の摂理なんです。

 

 

 

私はチイチイフグ専用のビニールバケツを用意して釣れた端から入れることにしました。

 

 

 

 

死んだフリをして海水に投げ込むと、途端に元気に泳ぐのもチイチイフグです。(驚!)

 

 

 

釣れた端からリリースすると、またエサを食べるのではないか?とさえ思ってしまうほど・・・不死身です。 (これまた涙!)

 

 

 

 

 

もはや、防波堤のターミネーターです。 ^^;

 

 

 

ですが、ごく稀にこのチイチイフグを専門に釣る方がいるんです!!

 

 

・味噌汁に入れたら旨い!
・唐揚げにして食べると旨い!
・鍋に入れると最高!!!

 

 

確かに私もフグ免許を持つ方に料理してもらって、食べたことがありますが、ベらボーに旨いです!!

 

 

正直なところ・・・・、カナ●フグよりも美味しいと思います。

 

 

ですが、猛毒の持ち主です。

 

 

キレイに捌いて、血を洗って、身だけ食べれば、なんちいうことなかバイ!!」と言う方もたくさんおられますが、私はお勧めいたしません。

 

 

 

人一倍食い意地が張っているにもかかわらず、チイチイフグを今まで数千匹釣ったかもしれませんが、自分で捌いて1匹たりとも口にしたことはありません。

 

 

 

妻や息子を食い意地で失うリスクなど・・・、バカバカしくてやる必要がないとも思うのです。

 

 

 

釣りをされるあなたがフグ毒の中毒になっても、家人は迷惑します。

 

 

 

食べると美味しいのは分っていても食べない分別が必要です。

 

 

こちらのフグも危険です!!

 

 

 

 

 

君子でなくても、危きに近寄らず!!」です!!

 

 

 

>>>トップページに戻る

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮