博多湾の落とし込み釣りでボラを釣る?

大物が釣れても嬉しくない魚NO1がボラ!!

「釣れても嬉しくない魚」は個人個人違うかもしれませんが、博多湾の湾奥で釣れる魚で嬉しくないベスト3に必ず入りそうな魚がボラではないでしょうか?(笑)

 

 

 

 

 

夏休みにファミリーフィッシングの代表とも言えるサビキ釣りをしている方々の竿を大きく曲げるのもほとんどがボラです。

 

 

 

子供は「大物が釣れた!!」と、はしゃいでいますが、ほとんどの大人はボラと分った途端に無関心になる魚です。^^;

 

 

 

 

まるで、見てはいけないものを見たように、シカト・・します!!^^;

 

 

見て見ぬフリをすることが多いようです。(苦笑)

 

 

引き味も強くて、釣るには楽しい?魚なのですが、たいていは、リリースと言うよりは「海に捨てる」のが一般的な釣り人の姿。

 

 

「海に逃がす」と言うよりは「海に戻す」のではなく、「海に捨てる!」と言うような気持ちになります。

 

 

 

落とし込み釣りにも、アオムシをエサにしているときにたまに釣れるのがボラです。

 

 

 

 

 

かなりの引きに最初は大型のチヌ??とも思うのですが、横走りして、銀色の魚体が見えると、フッコ〜スズキかな?とも思うのですが、ボラだと分った途端に、戦意喪失して、バレようがハリスが切れようがどうでもよくなる気分になります。^^;

 

 

釣れた魚のバラシを願うことがあるのは、このボラぐらいではないでしょうか?

 

 

出来れば、穏便にバレて欲しい!!と、思います。

 

 

 

そんな時に限って、100%釣れるのもボラです。^^;

 

 

 

バレて、逃げやがれ!!とばかり、でたらめな竿さばきをしても、手前まで来るので、仕方なくタモで掬わないと、竿が傷んでしまいます。^^;

 

 

スポンサーリンク

 

 

川のかなり上まで遡上するボラたち

 

ボラは河口によく生息する魚で、どうかすると、河川の中流まで上ってきます。

 

 

 

 

私の住まいの付近の「博多コマーシャルモール」の裏にある御笠川の堰堤下にも頭が白くなったボラの大群が遡上してきます。

 

 

そんな光景を見ると、ますますボラが苦手にもなります。(なみだ)

 

 

川底の汚いヘドロを吸い込んで、頭が真っ白になっているのではないか?などと思うと、釣る気にもなりませんし、釣れても嬉しくはありません。^^;

 

 

20年ほど前は、冬場にピラピラがついたボラの掛けバリ「寒ボラ」を狙っている不気味な老人がいましたが、ここ10年以上そういう釣り人も見かけなくなりました。

 

 

 

それが、良いのだか、悪いのだか?

 

 

いくら寒ボラは旨い!!と聞いたことはあっても、博多湾の湾奥でボラの掛けバリでボラを引っ掛けるような釣り方はしたくありませんし、絶対食べたくありません。

 

 

よく分りませんが、なんとなくけしからん重金属に汚染されそうな気も致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮