博多湾の落とし込み釣りでカワハギを釣る!

釣るのがなかなか難しいカワハギ

たまたまある年の秋口に、須崎埠頭の先端の東側でアオムシをエサにして落とし込み釣りをしていると、妙なアタリが底付近でありました。

 

 

 

 

 

その当時の私は、もっぱらがまかつのヤマメバリ9号を使っていましたが、ハリに掛からないのです。

 

 

 

水深8メートル以上もある底付近からフグでもない鮮明なアタリがあるにもかかわらず、全くハリに掛からないことで、ハリを袖型の6号に落として釣ったところ、アワセると、かなり強い引き応えがあるのです。

 

 

 

何だろうか?と思いつつリールを巻くと、なんと手の平に尻尾が付いたくらいの20センチオーバーのカワハギではありませんか!

 

 

 

キモが美味しく、刺身も美味しいカワハギなので、執念深くその付近を探り、20匹ほどの同じサイズのカワハギを仕留めました。♪♪

 

 

 

こりゃ〜、メイタ〜チヌなんぞ釣るよりも旨いから、お持帰りしても喜ばれるぞ〜!!と、ばかり気合を入れて釣りました。^^;

 

 

 

次の休みのときも、滅多に釣れた魚を持って帰らない私が、ムキになってカワハギを狙いました。

 

 

 

やはり、同じサイズが同じ数ほど釣れました。

 

 

 

簡単にカワハギが大量に釣れる方法はないのか?と思案した私は、その当時よく通っていた船釣りで大量のカナトフグを引っ掛けた仕掛けを思い出しました。

 

 

それはこちらと似たような掛けバリです。

 

 

私が使っていたものは、仕掛けの上にステンレスのアミカゴが付いていて、その中にサビキ釣りで使うアミを入れるようになっていたモノです。

 

 

ロッドは船釣りの30号負荷の固めの竿を使い、オモリは15号を使って、一気に海底に沈めカワハギが寄っているのをイメージしながら10秒ほど待って、一気にアワセて、リールを巻くのです。

 

 

思ったとおり、一度に20センチクラスのカワハギが2〜3匹ずつハリに掛かり、1時間足らずで中型クーラーが満タンになるほどカワハギが釣れました。

 

 

ところが、その後がいけません!!

 

 

 

たまたま、私がその釣り方をしているのを見た釣り人がマネをしたせいで、次の休みに須崎埠頭に向うと、私の釣り方を真似した釣り人がズラリ!!

 

 

私はそこで釣るのを断念せざるを得ないほど、多くの釣り人が並んで釣っていました。^^;

 

 

その当時のポイント築港店の店長が「カワハギの掛けバリがすぐに売り切れた!」とぼやいていました。^^;

 

 

 

結局、その年以降は、カワハギの姿を須崎埠頭で見ることはなくなりました。

 

 

 

たまたま湧いたのか?

 

 

 

それとも、私が始めた卑怯な引っ掛け仕掛けのためにカワハギが寄らなくなったのかは不明ですが、その年以降カワハギが博多湾の湾奥で釣れたと言う情報を耳にすることはなくなりました。

 

 

 

すみません!

 

 

 

私が、欲を出して妙な釣り方をしたばかりに、多くの釣り人がマネをして、カワハギが来なくなったのかもしれません。

 

 

 

ここ数年間では、能古島で落とし込みで釣れた、数匹のこのサイズのカワハギの記憶しかありません。

 

 

 

 

カワハギは調理も簡単ですし、キモも刺身も抜群に美味しいですし、鍋物や味噌汁に入れても最高です。

 

 

 

落とし込み釣りで、ポツリ、ポツリと1匹ずつ釣るぐらいが丁度良いのだと思います。^^;

 

 

間違っても、引っ掛けバリで大量捕獲をすると、翌年から楽しめなくなります。(涙)

 

 

スポンサーリンク

 

 

突然博多湾の湾奥に沸いたカワハギ

 

2015年はメイタ〜チヌは壊滅的に少なく、いつも釣れる鉄板ポイントにも姿がなかったのですが、なぜかしらカワハギとサンバソウが須崎埠頭や箱崎埠頭で湧きました。

 

 

 

 

 

 

自然が相手だけに、年によって釣れるものが違います。

 

 

カワハギは調理が簡単で、食べても美味しいために、釣って帰ると家人に喜ばれる魚の一つです。

 

 

毎年博多湾の湾奥に来てほしい魚です!

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮