最小限の胴部で釣り場に臨もう!

ないよりはあったほうが便利なウエストバッグ

落とし込み釣りは最小限の道具で魚を狙う釣り方です。

 

 

永い年月をかけて自分なりに吟味したハリスやハリ、オモリ、ハサミやラジオペンチなどがあれば、それだけで仕掛けを作れますし、釣りが出来ます。

 

 

 

 

 

これらの道具を入れるのにフィッシングベストを着ると言うのも、一つの方法ではありますが、どこに何を入れたかが分らなくなり、面倒なこともあるので、私は最小限の道具をウエストバッグに入れています。

 

 

 

 

基本的にどんどん歩いて、探って、釣るのが落とし込み釣りのスタイルですから、持ってまわる釣具は必要かつ最小限にしたほうが効率的でもあります。

 

 

 

 

エサにもよりますが、基本的に使うのは
・ハリ
・オモリ
・ハリス
の3種類だけです。

 

 

まあ、これぐらいだったらズボンのポケットにも入るのですが、ミチイトやハリスをカットするためのハサミやオモリをハリスに噛ませるためのラジオペンチはマストアイテムです。

 

 

 

 

ハサミやペンチは海水に浸かるとすぐにダメになるので、スペアーなどをクルマに積んでおくことをおススメします。

 

 

100円ショップのもので十分です。

 

 

ウエストバッグそのものは、紳士服店やスーパーの男性用バッグコーナーやディスカウントショップなどでも売られていますが、多少値が張ってもダイワだとかシマノの釣り専用のブランドのモノが耐久性があります。

 

 

3000円程度のウエストバッグでも、よほど手荒に使わない限り10年ぐらいは使えますから、お気に入りのウエストバッグを奮発して購入されても良いのではないか?と思います。

 

 

 

 

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮