博多湾の落とし込み釣りに使うリールとは?

落とし込み釣りに向いているリールとは??

落とし込み釣りはスピニングリールではダメなのか?

 

落としこみの竿に、スピニングリールを付けて釣っている釣り人は、ほとんどいないはずです。

 

 

たまに、磯竿にスピニングリールをつけて、落とし込み釣りをしている釣り人を見かけます。

 

 

正直、そのような釣り人が大物を釣り上げているシーンにお目にかかったことはありませんが、釣れないことはありません。

 

 

実は昔、私も竿を忘れて、磯竿+スピニングリールのタックルで、30〜40センチほどのメイタをマリノア付近で10枚ぐらい釣ったことがあります。

 

 

但し、ミチイトが竿先に絡み、ミチイト自体がヨレヨレで実に釣りにくかった記憶があります。^^;

 

 

無理ではありませんが、おススメは致しません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

落とし込み釣り師はどうして落とし込み専用専用リールを使うのか?

 

私が専ら落とし込み釣りに使うリールはこの様なモノです。

 

 

 

木ゴマリール落とし込み専用のリールは、現在ではほとんど使いません。

 

 

理由は、良い思い出がほとんどないからです。^^;

 

 

不思議と木ゴマリールや落とし込み専用リールを竿に付けると、ろくでもない釣果となることが多いような記憶しかないのです。

 

 

正直私のゲン担ぎみたいなものです。^^;

 

 

なので、私は小型の両軸リールを使うことがほとんどです。

 

 

これをつけると、竿の上にリールが乗っかり、ガイドが上向きになるから、本来的な使い方ではない!!と言う方もおられますが、好き好んで使っているから、勘弁してくださいマシ!!

 

 

ごく稀に気分が向いたら専用リールを使うこともあるんですが、やはり良い思いをしないのです。

 

 

リールシートに専用リールを取り付けた瞬間から、どうにも「暗雲の兆し」すら感じてしまいます。

 

 

正統派の意見だと、絶対に口径のある専用リールのほうが巻きグセがつかないだとか、巻き取りスピードが早いから有利だとか言うのかもしれません。

 

 

しかし、ミチイトの巻きグセは専用リールでもつきますし、巻き取りスピードが遅いほうが楽しめます。

 

 

そもそも落とし込み釣りにリールが必要なのか?

 

長く落とし込み釣りをしていますと、リールすら要らないのではないか?と思うことが多々あります。^^;

 

 

リールが必要なケースとは、

・大物が釣れた時にミチイトを出す
・根掛かりしたときにミチイトを出す
・遠くのポイントを狙って前打ちをするときにミチイトを出す
・深いタナを探る時にタナに応じてミチイトを出す

 

 

私の場合は夜釣りで、ある決まったタナを狙い撃ちすることが多いので、硬調の渓流竿のほうが向いているのではないか?と、思うことがしばしばあります。

 

 

1〜2ヒロの浅いタナで、30センチ以下の魚を掛けた時は、メイタであれ、セイゴであれ、ましてやメバル・タケノコメバルなどでは、イトを出すことはほとんどありません。

 

 

大物が釣れないとき大物がいそうにもないときは、こちらのほうが断然有利とさえ感じることが多々あります。

 

 

ですが、大物は予想外にハリに掛かります。^^;

 

 

狙って釣れるわけではなく、不思議とメバルを釣っている時などに、スズキやチヌが容赦なくエサを食ってくるんです。

 

 

なので、私は仕掛けを作ったら、必ずハリから3ヒロぐらいまでを両手で引っ張って、巻きグセを取りながら、ミチイトにキズがないか調べることにしています。

 

 

これだけで、リールのハンドルを巻かないことも多々あります。

 

 

いずれにせよ、使い慣れたリールが何と言っても一番だと思います。

 

 

でも、これから落とし込み釣りを始める方は、ゼロの状態ですから、あえて専用リールの方をおススメします。

 

 

そちらの方がにもなります。

 

 

「様になる」と言うことはどんな遊びにも重要なことです。

 

 

格好から入ることもその気になりますから!!!

 

 

ヘタクソな私のマネをする必要はありませんよ〜!!

 

 


私の25年来のお気に入りのリールが、上の写真のリールです。

 

 

沖防でメイタ〜チヌを半日で70枚以上釣った時も、このリールとニッシンの4・2mの落とし込み竿でしたし、やはり沖防でカラス貝で奇跡のスズキを掛けて釣り上げたのもこのリールでした。

 

 

私にとっては、かけがえのないお守り的存在ですし、一番手に馴染む釣り場での戦友みたいな存在です。^^;

 

 


シマノのチヌマチックのチタノスアルファーGT1000です。
(今現在ではもちろん店頭で販売されていませんが、稀に中古釣具店やヤフオク等に出品されています。)

 

 

いつもドラッグをフリーの状態にして、右手で竿を持ち、右手の親指でスプールを押えて釣っています。

 

 

右手で竿を持ったら、左手でリールのハンドルを回したほうが良いのでは?と思われる方もおられるでしょうが、さすがにスピニングリールのようにハンドルを左右に付け替えることはできませんし、はじめから右ハンドルを買いましたので、左手で竿をもって右手でハンドルを持つことはありません。

 

 

大物でもない限りリールからイトを出さないことがほとんどですから、全く不自由しません!(キッパリ!)

 

 

アワセを入れるときもスプールを親指で押えてアワセますが、引き具合で大物だと感じたら、親指を離せば、スプールからイトがスルスルと出て行くのです。

 

 

ハンドルを回すと、ギアが入りイトを巻くように作られていて、とても便利です。

 

 

珍しいことに、両軸リールで替えスプールが付いているんで、重宝します。

 

 

さすがにシマノさんですね!

 

 

まさかこのリールを25年も使うなんて、思ってもいなかったんですけどね〜!

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮