私の落とし込み釣りのマストアイテム

私の釣りに欠かせないケミホタル

落とし込み釣りをする時にイトフケを見たり、竿先に出ないアタリを察知するためには、目印イトが役に立ちます。

 

 

 

 

スルスル・・・・・・と目印イトが海中に消えていく様を目を凝らして眺めるのは楽しいひと時でもあります。

 

 

落ちるべき目印イトの動きが止まったり、逆に目印イトが浮いてくるような時がアタリのサインです。

 

 

私も25年ほど前はよくい使っていましたし、自分で幾つモノパターンの目印イトを作っていました。

 

 

ウキとは違った視認性を楽しめるのが目印イトでもあります。

 

 

ところが、コレが良いことばかりとも限らないのです。

 

 

風が強い日は穂先がらみして釣りづらいですし、際を狙っていると牡蛎ガラなどによく引っ掛かり、仕掛けそのモノを失うことも珍しくありません。

 

 

1投目から仕掛けが岸壁などに絡んで仕掛けを作り直したり、チヌの気配がするときに引っ掛かって仕掛けを作り直すときのストレスのほうが多かったのです。

 

 

ですが、全く目印無しで落とし込みをする腕もない私は、赤や青や黄色の電線のパイプを爪楊枝の先を切ったモノで止めて使っていた時期もありました。

 

 

ある釣り糸のメーカーから発売された数十センチごとにカラーが変わるクロダイ専用のミチイトも使ってみました。

 

 

もちろん目印イトでも、電線のパイプでも、色違いのミチイトでも釣れないことはありません。

 

 

むしろ、可動式の電線のパイプを使っていたときは沖防で記録的な大釣りを経験したことさえあります。

 

 

でも、やはり面倒くさいのです

 

 

納竿する時にはイチイチ外さないといけませんし、クルマで場所を移動するときも、仕掛けを作り直さないといけませんから、これが面倒!!

 

 

しかもこれらに共通することは何だと思いますか?

 

 

結論を申し上げますと、夜の落とし込み釣りには全く役に立たないことです。

 

 

 

夜釣りの落とし込み釣りの目印

 

 

夕マズメはまだ目印イトがかろうじて見えますが、完全に紺色の帳が降りる時間帯になると、目印イトも、電線のパイプも、色違いのミチイトも何の役にもたたなくなってしまいます。(涙)

 

 

そこでケミホタルが必然的に必要になったのです。

 

 


同梱の透明ビニールパイプを4等分に切ってミチイトに通します。

 

 


そこにケミホタル・ミニをはめ込んで使います。

 

 

最初は一袋に2本入っていて2本とも使っていました。

 

 

1本だけ使ってもう1本を使わなくても、空気に触れただけで性能が劣化するために、無理して2本とも使っていたような気もします。

 

 

ところが、バランスが良くないし、2本のケミを付ける利便性も優位性も見当たらなかったのです。

 

 

このことに関しては1本ずつ袋に入れたほうが使い易いし、もったいなくないことをメーカー宛に発信したことがあります。

 

 

すると、しばらくしてから、私が望んでいたとおり、1本ずつ袋に入るようになりました。

 

 

 

 

私は日中でも前の釣行の使い古しを使いまわしています。

 

 

可動式ですから、たいていはハリから2ヒロのところで目印としています。

 

 

日中でも夜でも、海面から2ヒロ以内を釣るのが効率的だからです。

 

 

夜釣りは足元から2ヒロ以内、昼は海面から2ヒロ以内を狙うのが効率的です。

 

 

その部分がイガイの層にあたるからです。

 

 

海底付近を狙う時もケミホタルの位置は変えません。

 

 

海底にオモリが着けば、イトフケで感覚が分りますから、ケミホタルの位置を変える必要性もないのです。

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮