「クロダイをどのようにして狙うのか?」について解説

落とし込み釣りでのクロダイの狙い方

私が頻繁に使うタックルと仕掛けをまずはご覧下さい。

 

 

 

 

実は、メイタ〜チヌ狙いだからと言って、この仕掛けを大幅に変更することは全くありません。

 

 

潮の流れや状況に応じてオモリはBからルアー用の0・8号ぐらいのシンカーぐらいまでをその時々で使いますし、場合によってはオモリなしのノーシンカーで狙うこともあります。

 

 

基本的にセッカチな性格ですので、オモリは重めのモノを使う傾向にあります。

 

 

ハリは対象魚によって替えるということはせず、専ら使うエサによって替えるようにしています。

 

 

これは長年やって来た私が好きなパターンですから参考にしていただければ・・・と思います。

 

・アオムシ・岩デコがエサの場合   袖型9号
・モエビがエサの場合  メバルバリ9〜10号
・岩ムシがエサの時  渓流バリ10号〜11号
・岩ガニがエサの時  カニ専用バリ
・豆ガニがエサの時  メバルバリ9号
・カラス貝がエサの時 伊勢尼9〜11号

 

 

この選択が良いかどうかは自信がありませんが、長年これで釣ってきました。
ベストではなくても私にとってはベターな選択だと思っています。

 

 

70センチを超えるスズキや50センチを超えるチヌでも、ミチイトは2〜3号でハリスは1・5号オンリーです。

 

 

これでも必ず、釣れます。

 

 

へチの探り方

 

 

クロダイに限らず埠頭や防波堤の壁にクロダイのエサとなるカラス貝やカニ、エビなどの甲殻類がいるわけですから、壁面から30センチも40センチも離れたところを釣っても確率が低くなります。

 

 

だからなるべく壁面に近づけるように釣っています。

 

 


(この写真はコウイカの墨跡があるのでゴールデンウィーク前後の頃です。)

 

 


(夜釣りでも基本的には狙うポイントや釣り方は同じです。)

 

 

 

夜も昼も関係なく、だいたい壁際から5センチ〜10センチ程度以内を釣るようにしています。

 

 

若い頃読んだ本には「壁面から1センチ以上離れたら食わないと思え!!」みたいな事が書かれていましたが、そんなことをすると根掛かりばかりでロクなことはありません。(涙)

 

 

大雑把な性格が災いしてか、こんなアホみたいなことを守らずとも釣れることを経験しました。(苦笑)

 

 

壁から1センチ以内を落とし込むなんて!!・・・私には無理です。

 

 

アバウトで構いませんから、意識的に壁際をエサが落ちているイメージが抱ければOK!!なのではないかと思います。

 

 

とにかく、壁際をエサが落ちていくイメージで釣れば、なんとかなります!!

 

 

1センチ以上離れても確実に釣れます。(笑)

 

 

1センチ以上」離れたら釣れないと思え!!などと言う本を書いた御仁の脇腹をくすぐってあげたい気持ちになります。

 

 

そんなに真剣に難しく考えなくても釣れます!

 

 

大雑把に壁際を意識するぐらいで十分です。

 

 

 

こんなこと真剣に考えていたら、本当に窓際族ではなくて、壁際族になってしまいます。

 

 

外が見れる窓際族のほうがまだマシな気がします。

 

 

いい加減が良い加減です。

 

 

2センチ離れていてもクロダイは釣れますよ〜!!

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮