落とし込み釣りはへチ釣りの一つの手法

今から20年以上も前に読んだクロダイの釣り方の本には、へチ釣り(関西ではコスリ釣り)には2つのパターンがあると書かれていた様な気がします。

 

 

へチ釣りの2つのパターンとは、

1 落とし込み釣り
2 フカセ釣り

 

 

何が違うの??と思われる方も多いと思います。

 

 

 

 

細かいことは抜きで簡単に言いますと、
落とし込み釣りはピンポイントでの「縦の動き」での釣り方であり、フカセ釣りは同じタナをキープ(あるいは少し変えながら)「横の動き」で釣る釣り方です。

 

 

つまり、落とし込み釣りの場合はここぞ!と思うピンポイントで、エサを縦に落とし込んで狙う釣り方ですから、同じポイントに立ったまま、途中で止めたり、あらかじめユラユラと落とし込んでいくようなイメージで釣る釣り方です。

 

 

これに対してフカセ釣りは、2〜3ヒロぐらいにエサの付いたハリを落とし込んで、アタリがない時にはそのままのタナをキープしながらへチに沿って歩きながら潮に乗せて釣る釣り方です。

 

 

落とし込み釣りが「点の釣り方」であるのに対し、フカセ釣りは「線の釣り方」であると言えます。

 

 

アタリがない時は、落とし込み釣りはエサの付いたハリを一端海面から引き上げるのに対して、フカセ釣りはそのまんまで、引き上げることはしません。

 

 

その本には、スレたポイントなどにおいては、どこにクロダイがいるか分らないので、ピンポイントを釣って回る落とし込み釣りのほうが断然有利であると書かれていましたが、私はそう思ったことは一度もありません。

 

 

エサを海中にキープしながら移動するほうが、魚と出会う確率が上がる様な気がしませんか?

 

 

落とし込み釣りVSフカセ釣り

 

 

実は私は同じタックルで、落とし込み釣りとフカセ釣りのどちらもします。

 

 

意識的ではなく、長年の釣り方のクセですが、無意識のうちに両方をやっています。

 

 

ここに何かいそうだな?だとか、ここは大きなチヌがいそう!!などと思った時は、執拗に同じポイントで「点の釣り方」をしますし、魚の気配を余り感じないときは、一端エサの付いたハリを引き上げることもなく、横に歩きながら「線の釣り」をしています。

 

 

こういう時には落とし込み釣りで、ああいう時はフカセ釣り・・などと考えて釣ったことは一度たりともありません。 ^^;

 

 

すべてが無意識ですし、でしかありません。

 

 

魚がいそうな気配を感じたときは、ピンポイント及びその周辺部を両方の釣り方で探っています。

 

 

魚の気配を感じないときは、歩く早さを変えながら横にどんどん移動しながら釣ることもあります。

 

 

釣り場でお会いした方から、「案外早く移動しながら釣るんですね〜!!??」と、驚かれたこともあります。

 

 

セッカチですから、待ちの釣りが苦手なのです。

 

 

特に、夜釣りの場合は、どんどん歩きながら釣るフカセ釣りが多いと感じます。

 

 

 

 

この釣り方はメバルやセイゴには効果てき面ですし、メイタ〜チヌも、そこにいれば食ってきます。
※メバル、セイゴはこのフカセ釣りでないと食わないことが大半です!

 

 

特に横に動けばタナは上がるのですが、そのときに魚が追っかけて食ってくることがよくあるのです。

 

 

へチに沿って「歩く・止まる」を繰り返すことでタナをジグザグに狙っていることになります。

 

 

この動作を同じ埠頭などで繰り返すことで、どの位置のどの深さぐらいに障害物がありその前後でアタリが必ずあるなどと言うことが掴めてきます。

 

 

釣行が重なるごとに「釣れたポイント」が浮き彫りになりますから、昼夜を問わずそのようなポイントは落とし込み釣りでメイタ〜チヌを狙い撃ちすることも可能になってきます。

 

 

同じ釣り場に通うことのメリットはここにもあります。

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮