クロダイをたくさん釣るとっておきの狙い方がタナ釣り(宙層釣り

クロダイを数多く釣るためにはタナ釣り(宙層釣り)をマスターしましょう!

マキエを撒いてウキでクロダイを狙う釣り方が、クロダイ釣りのも最もポピュラーな釣り方であると言えます。

 

 

 

 

私もクロダイ釣りは、このウキを使ったフカセ釣りから入門しました。

 

 

かなりのクロダイを釣りましたし、もちろん50センチオーバーのクロダイも釣りましたが、いかんせんマキエが嫌いになったことと、面倒くさい!と言う気持ちが湧くようになってきたのです。

 

 

ウキ止めのゴム、シモリ、スイベル、からまん棒、水中ウキ・・・などなど。

 

 

釣れるときは、まあ気にもならないのですが、釣れないときに海にマキエを捨ててバッカンを洗う時の空しさも何度も味わいました。

 

 

おまけに、バッカンを丁寧に洗ってもクルマの中は臭くなるし、毎回のマキエ代もバカにはなりません。

 

 

そもそも、何でマキエなどいるのか?と言うことをつくづく考えたりもしました。

 

 

マキエを撒く釣り方は「マキエの切れ目が縁の切れ目」とも言われるように、マキエで魚を寄せて釣る釣り方です。

 

 

丁度マキエを使う釣り方がイヤになり始めた時に、ある雑誌で釣りのマキエが海底に堆積してヘドロ化し環境破壊に繋がっているとの記事を読みました。

 

 

同じポイントに連日釣り人が押し寄せてきて、マキエを撒き続ければ海底がどうなるかは推して知るべしです。

 

 

それに、マキエを撒き続けることで年中バリ(アイゴ)が釣れるようになったと言う話も耳にしました。

 

 

いつの間にか魚を飼い慣らしているような感じさえしたのです。

 

 

この記事を読んで、クロダイ釣りに関してはマキエを使ったウキフカセ釣りから遠のきました。

 

 

マキエが不要なエコな落とし込み釣り

 

 

当たり前のことなのですが、落とし込み釣りはマキエを使いません。

 

 

環境にも優しく、マキエ代がいらない財布にも優しいエコな釣り方だとも言えます。

 

 

しかし、マキエを使ったウキフカセ釣りから落とし込み釣りをすると、どうしても釣り人のクセで底狙いが中心の狙い方になってしまいがちです。

 

 

私も最初はへチの底ばかり狙っていました。(汗!)

 

 

それでも釣れるものですから、底狙いが鉄則なのだとも思っていました。

 

 

ところが、夜になると周知のようにクロダイはかなり浅いタナまで浮いてきてエサを食べます。

 

 

海面から2ヒロ(3メートル)ぐらいが射程距離となります。

 

 

夜釣りから学んだタナ釣り(宙層釣り)

 

 

どうして夜になると浅いタナで釣れるのか?と言うことを考えると、そのタナにエサがあるからであることが分りました。

 

 

つまりはイガイ(カラス貝)の層です。

 

 

では、昼間は同じタナで釣れないのか?と思い始めたのですが、最初はカラス貝や岩ガニを使ってもなかなか釣れませんでした。

 

 

ポイントの選定がまずかったのです。

 

 

クロダイは貪欲に多くのものをエサとして食べますが、同時に警戒心が強いと言われ、多くの釣り人が入れ替わり立ち代わり来るような場所では、タナ釣り(宙層釣り)ができるようなタナにはいないことがほとんどなのです。

 

 

釣り人がなかなか来ないようなポイントではタナ釣り(宙層釣り)が可能なのでは?との仮説を立てて、立ち入り禁止ではないものの、クロダイがいそうで、釣り人がなかなか竿を出さないような場所でエサをつけて検証してみました。

 

 

すると、思いもよらぬ釣果が上がりました。

 

 

日中でも人の気配がしないようなところでは、浅いタナで一撃で食ってくることを覚えました。

 

 

だからこそクロダイは足で釣れ!と言う言葉が重要になってくるのです。

 

 

釣り人がいないポイントで、浅いタナをどんどん釣り歩くことが数も型も釣る秘訣です。

 

 

博多湾の各埠頭では上げ三分から下げ三分、ド干潮からの切替しにアタリが集中することが多いようですが、あくまで参考にしてください。

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮