早起きは一日をダメにする!!

睡眠不足は釣りの大敵! 早起きは3文の得ではない!

このサイトをご覧の方で早朝に起きて、良い釣りを堪能した方がおられますでしょうか?

 

 

私自身船釣りや磯釣りの場合、嫌々ながら早起きをして釣り場に向かっていました。

 

 

季節にもよりますが、夏場は最悪です。

 

 

朝の6時に出船などと言われても、とっくに朝マズメは過ぎています。^^;

 

 

これが防波堤でもそうなんですが、夏場に夜が明ける前にエサなどを買って釣り場で竿を出すためには、真夜中の2時か3時に起きるのが当たり前です。

 

 

ほとんどの方が睡眠不足なはずです。

 

 

この様な状態で釣り場に向かって、入れ食いの時は良いのですが、アタリがないとすぐに戦意喪失してしまいませんか?

 

 

私が例外かもしれませんが、どうでも良くなります!! (汗)

 

 

釣りもどうでもいいし、ただただ横になって寝たい気分になります。^^;

 

 

このような時に、根掛かりして仕掛けがなくなったら・・・、作る気力すら・・・、なくなります。

 

 

しかも、釣れない時でも仕掛けをアレコレと替えてみるような事はしたくないはずです。

 

 

これでは、釣れる魚も釣れません

 

 

と言うか、どうでも良くなります。

 

 

早く帰宅してただただ寝たい!!と言う気分になります。

 

 

早起きは得をしない!!

 

 

私はこれまで何百回と早起きをして釣り場に向かいましたが、ろくな事がなかった記憶しかないのです。^^;

 

 

釣りをする方でも、多くの方が早起きをして釣り場に向かおうとします。

 

 

それは場所取りだとか、人よりも先に竿を出すと言う姑息な?手段の一つです。

 

 

ですが、それをしても納得のいく釣果は稀です。

 

 

半夜釣りでは睡眠不足はあり得ない!!

 

 

ところが釣りは朝早くからするものであるという既成概念を捨てると、睡眠不足などと言うことはありません。

 

 

だから、短時間であっても、アレコレといろいろやることが出来るのです。

 

 

この差はデカイのです。

 

 

頭も回転しないような意識もうろうとした早朝よりも、テンションを高く保てる半夜釣りのほうが判断能力が冴えていることが多いものです。

 

 

どちらが良く釣れるかは私が言わずともお分かりいただけるはずです。

 

 

 

>>>トップページに戻る

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮