入れ食いもあり得る落とし込み釣りでのシーバス狙い

落とし込み釣りで一番狙いやすい魚がシーバス

ソルトルアーフィッシングのメインターゲットは、何と言ってもシーバスではないでしょうか?

 

 

港湾部にも相当数がいますし、年間を通じてルアーで狙える海のターゲットとしての人気・地位を確立しています。

 

 

湾に注ぐ河川の中流域にまでも遡上するリバーシーバスを専門にルアーで狙う方もいて、比較的大型がお手軽に釣れることで、ソルトルアーの入門的な存在でもあるんです。

 

 

そんなシーバスなんですが、博多湾では落とし込み釣りで一番よく釣れる魚だと断言できます。

 

 

半夜釣りの落とし込み釣りのエサをアオムシにすることで、いやになるほど出会えるのもシーバスです。

 

 

 

20センチから30センチ程度のセイゴサイズのシーバスは、群れに当ると入れ食いになることも珍しくありません。^^;

 

 

スポンサーリンク

 

 

落とし込み釣りで狙えるシーバスのサイズ

 

博多湾の落とし込み釣りで狙えるシーバスのサイズは、大小さまざまです。

 

 


小さいものですと、アジゴと見間違うぐらいのサイズもいます。^^;

 

 


大きなシーバスは、それこそスズキクラスも珍しくありません。

 

 

私が博多湾で落とし込み釣りで釣ったシーバスの最高記録は80センチ台ですが、それ以上になると、余程用意周到にミチイトやハリスを太くしておきませんと、なかなか釣れるものではありません。

 

 

ルアー用のシーバスロッドと高性能なドラッグが付いたスピニングリールですと、やり取りは簡単ですが、落とし込み釣り用の竿とチヌ用のリールや小型の両軸リールでは、60センチ台のシーバスもかなりの難敵だと言えます。

 

 

太い竿と高性能のスピニングリールであえて釣らずに、竿先がペランペランの細い落とし込み竿と小さなリールで釣ることが落とし込み釣りで狙うシーバスの醍醐味だと言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮