博多湾のメバルの習性を知る

博多湾にいるメバルの習性

博多湾で釣れるメバルはほとんどの場合がクロメバルと呼ばれるものです。

 

 


(別に黒くはないのですけど・・・・!)^^;

 

 

クロメバルなのに、黒っぽいモノとそうでないのがいるのですが、基本的には同じクロメバルとされています。

 

 

糸島や志賀島の藻場で釣れる海草の色をしたメバルを金メバルと呼ぶ人もいますが、やはりクロメバルなのだそうです。

 

 

色の違いで同じ魚かどうかが区別できない魚は珍しく、メバルはその一つです。

 

 

博多湾内でよく釣れるタケノコメバルはメバルではなく、むしろソイに近い仲間であり、ベッコウソイと呼ばれることもあるようです。

 

 


(昔は魚屋さんでアラカブの名で売られていたこともありました。^^;)

 

 

釣具店が尺メバルなどと紹介してタケノコメバルを堂々と画像に載せていたりもすることが多く、まことに遺憾です。

 

 

お客さんの釣果を祝ってあげたい気持ちは理解できますが、もう一度言いますが、タケノコメバルはメバルとはまるで違う別の魚です。

 

 

読者に対しても失礼ですし、釣った本人に対しても失礼な気がします。^^;

 

 

例えば、イシダイ、カゴカキダイ、コショウダイ、タカノハダイなどはタイと言う名前が付いていても、これらはタイ科の魚ではありません。

 

 

サビキ釣りでウミタナゴが釣れて、「メイタが釣れた!」と喜んでいる家族に「それはウミタナゴでメイタじゃ〜ないよ〜!」と言う勇気は私にはありませんし、ご家族の楽しい想い出をぶち壊すようなこともしたくありません。^^;

 

 

でも、メバルとタケノコメバルは似てもいませんし、全くもって別の魚です。

 

 

棲息区域によって体色が違うメバル

 

 

日本沿岸にはメバルの仲間が20種類以上もいるそうです。

 

 

私が知っているのは、ごく僅かです。^^;

 

 

例えば、こちらのメバルたちを体色が違うといって区別する意味があるのかどうかは、少なくとも私には分りません。

 

 

 

 

 

 

体色だけで区別するといろいろなメバルの種類が出てきます。^^;

 

 

私は、これらは住処によって体色が適応し、変わっているものだと判断しています。

 

 

あくまで仮説ですが、釣ったメバルを白い水汲みバケツやクーラーの中に入れておくと変色します。

 

 

 

 

僅かな時間で変色するのですから、驚きです!!

 

 

カメレオンのように変色するとは言わないまでも、ヒラメやカレイが変色するようにメバルもまた住んでいる場所で色を変えているのではないか?と言うのがう私なりのイメージです。

 

 

そのほうが、エサを捕食しやすいですから・・・!!

 

 

>>>トップページに戻る

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮