メバルの習性を知ることで数釣り可能

案外知られていないメバルの習性

メバルは初心者にも釣れる嬉しい魚なのですが、数や型を狙うとなると話は別物で、これがなかなか釣れないはず・・・。^^;

 

 

 

 

メバルに限らず、釣りは、狙った魚を釣ることが何よりも面白いはずです。

 

 

ところが、セイゴやメイタを狙っていたらメバルがパタパタと釣れて驚かされることがあります。

 

 

だったら今度はメバルを本格的に狙ってみよう!!と同じ釣り場に行くと、アタリすらないようなことが多々あります。(涙)

 

 

狙ってないのに釣れるのがメバル。
だが、狙ってみるとなかなか釣れないのもメバル・・・・はなず。

 

 

気まぐれだと思うかもしれませんが、博多湾に棲むメバルの習性を知っておくことで釣果が伸びることは言うまでもありません。

 

 

メバルは典型的な磯の魚

 

 

メバルは博多湾の湾奥にもかなりいて、こんなところにもメバルがいるのか?と、驚かされることがあります。

 

 

なので、メバルは博多湾内で生まれて博多湾内で大きくなると思っている方も多いはずですが、そうでもないのです。

 

 

志賀島の海水浴場がある船溜まりなどでは、春先におびただしいばかりのメバルの稚魚を観察することが出来ます。

 

 

それらの稚魚がエサを求めて博多湾に泳いできて、ある程度大きくなったら再び博多湾外に出て行くと言うのが凡その見解です。

 

 

もちろんすべての稚魚が博多湾内に入ることもなければ、ある程度大きくなったメバルのすべてが博多湾外に出て行くこともなく、例外もいます。

 

 

でも、メバルは沖合いの深い岩礁地帯から岸近くの浅場を往復移動している魚です。

 

 

メバルは本来夜行性の魚

 

 

昼間でもメバルが釣れることは多々ありますが、本来的にはメバルは夜行性の魚ですから、夜に活発にエサを求めて、狭い範囲をウロチョロする魚なのです。

 

 

 

 

昼間はどちらかというと穴ポコや堤防のスキマなどで、数匹から数十匹で上を向いた姿勢でじっとしていることが多いのです。

 

 

アラカブのように岩に貼りつくことはせずに、常に体が海中に浮いた姿勢で上向きにじっとしていることが多いのです。

 

 

メバル凪の俗説・通説

 

 

メバルは風が多少強く波っ気があるときに釣れるメイタやチヌやクロとは違い、ベタ凪の方がよく釣れると言うことから海面が穏やかな状態をメバル凪と呼んでメバルを狙う方は喜ぶものです。

 

 

確かに、メバルはメイタやセイゴやクロなどと違って遊泳力が劣るために、波が高いと岩穴に潜んでエサを追わなくなると言われています。

 

 

ですが、これには私なりの異論があります。

 

 

確かに、メバル凪の日はメバルを釣り易いのですが、メバルの活性が高いか?というとそうでもないんです。

 

 

むしろ、多少波っ気があるようなときのほうが、カラス貝の層が洗われてエサが多いのか、活性が高いような気がします。

 

 

本に書かれている知識や人の言うことを鵜呑みにするのは早計で、何十回、何百回・・・と釣行を重ねればそう思えなくなることも多々あります。

 

 

メバルは近眼で音にも鈍感

 

 

メバルは大きな目をしているために視力抜群だから細いハリスが有利だと言われています。

 

 

しかし、真昼間にジェットテンビンに投げ釣り仕掛けをつけてでアオムシをハリに刺した仕掛けを埠頭のへチから垂らしておいてメバルがガンガン食いつくことを経験した方は少なくないはずです。^^;

 

 

釣りの本に書いてあることを鵜呑みにすることは早計な気がします。

 

 

確かに、凪の日の真昼間にタエビやモエビでメバルを狙う時は0・8号ぐらいのハリスを私も使いますが、夜釣りでは2号だろうと3号のハリスでもガンガン釣れます。

 

 

細いハリスを自慢げに使う方もいますが、私は腕利きでもなんでもないので、むしろ太目のハリスを使うことが多いです。^^;

 

 

これまでの経験上、メバルを釣りに行って50センチオーバーのチヌ80センチを超えるスズキがハリに掛かることを何度も経験しましたから・・・。

 

 

夜釣りで細いハリスを使う理由など・・・・、どこにも見当たりません!!(きっぱり!)

 

 

また、クロダイと比べると光や音には鈍感そのもので、海面を懐中電灯で照らしたり、大声で騒いでも釣れるのがメバルです。(爆!)

 

 

かなりの高水温も平気なメバル

 

 

メバルは元来寒水を好む魚として釣りものが少ない2月3月頃に良く釣れる魚として紹介されていますが、首をかしげたくなる内容では?

 

 

私はこれまでの経験上7月や9月にも博多湾の湾奥の埠頭の際でかなりのメバルを釣ってきましたし、博多湾の湾奥では一番良く釣れるのは4月半ばぐらい11月半ばぐらいだと感じています。

 

 

 

 

低水温には滅法強く、さすがに海水温が25度を超すと食欲がめっきり落ちると言われており、地域により差はあるものの8度〜22度の海水温がメバルの適温ではないかと言われています。

 

 

また、メバルは塩分濃度が低い河口付近には好んで棲息せずに、どちらかと言うと塩分濃度が高いところを好むと本で読んだことがありますが、これも大きな疑問符が付き纏います。

 

 

なぜならば、通年スパンを考えても、長柄川の河口地帯にあたる姪浜漁港御笠川の河口付近にあたる東浜の船溜まり多々良川の河口付近にあたる箱崎の旧貯木場は今現在でもメバルの好ポイントです。

 

 

エサが豊富で棲み家にしやすい構造物があれば、塩分濃度にも適応できる環境順応性があると言うことではないでしょうか?

 

 

俗説や風説はある程度の参考にするべきで、鵜呑みにはしないほうが良いと思います。

 

 

海は例外だらけですから!!

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮