博多湾の落とし込み釣りは意外と簡単ですよ〜!

落とし込み釣りで釣るシーバスが難敵なワケとは?

誤解されるかもしれませんが、落とし込み釣りで釣れるシーバス全てが難敵というワケではありません。

 


30センチ後半ぐらいまでのセイゴサイズのシーバスであれば、難なく釣り上げることができますし、バレたところで悔しくも惜しくもない存在なはずです。

 

 

これが50センチ、60センチ、70センチ…とサイズアップすることで、格段と難易度が高くなります。

 


それはズバリ落とし込み用の竿のスペックと使うリールのスペックによるところが多いのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

落とし込み釣り用の竿はスズキクラスのシーバスを釣ることを想定していない!

 

そもそも論ですが、落とし込み釣り用の竿は、80センチを超えるようなスズキクラスのシーバスを釣るように設計された竿ではありません。

 

 

用心深くエサを取る黒鯛用に設計された竿ですから、黒鯛がエサを取るときに違和感を感じないように竿先が極端に細く作られており、食い込み重視の設計がされています。

 

 

ただしペランぺランに細くても、年なしと呼ばれる50センチオーバーのチヌにも堪えることができるようには作られていますが、70センチを超すシーバスには、正直なところかなり厳しい細さです。^^;

 

 

沖に向かって全速力で逃げようとする大型のシーバスの方向を変えるほどのスペックは残念ながらありませんので、イトを出して堪えることしかなす術がないのです。

 

 

また、底付近にいようとする大型のシーバスを無理に浮かせようとすることもできません。

 

 

柔らかい竿なので、タメは効きますが、大型のシーバスには主導権を握られっぱなしです。

 

 

落とし込み釣りで使うリールもまたスズキクラスのシーバスを釣ることを想定していない!

 

落とし込み釣りで使うリールは、いくつか種類がありますが、どのタイプも大型のシーバスを釣るときに必要な高性能のドラッグ機能を有したリールは、私が知る限り皆無です。

 

 

そもそも木ゴマリールやチヌ専用リールにはドラッグそのものが付いていませんし、そういうシンプルなリールを使って他の釣り方とは異なる釣趣を愉しみながら釣るのが落とし込み釣りなのです。

 

 

不足を感じながら、あえてシンプルな機構のリールを使って大物を釣り上げるのも釣り人の腕の見せ所みたいなところがある釣り方なのです。

 

 

ステラだとかイグジストなどの高性能のスピニングリールを落とし込み釣り用の竿に取り付ければ、大物に対処しやすいことは分かっていても、それをあえてしないのも落とし込み釣りで大型のシーバスを釣ることを難しくしているワケなんです。

 

 

竿は、ペランぺランかつフニャフニャで、使うリールもドラッグなしのシンプルなモノと云うパターンが多い落とし込み釣りでは、ランカー級のシーバスを釣ることは、かなり場数を踏んでいても決して簡単だとは言えません。

 

 

私の経験上では、このようなタックルにハリスがフロロカーボンの1・5号だと、65センチ〜70センチぐらいまでがある意味限界点のような気が致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮