バレることが多い落とし込み釣りでのシーバス

落とし込み釣りのシーバスのやり取りが難しいワケ

落とし込み釣りでシーバスが掛かると、やり取りが大変です。

 

 

その理由は、シーバスの性質に由来することが多く、スズキクラスのシーバスは、大型のチヌ以上に手強い難敵となります。

 

 

60センチ〜70センチぐらいのシーバスでもやり取りが大変で、大型のチヌの数倍の時間が掛かることが珍しくありませんし、バレる確率も高いのです。(涙)

 

 

使うタックルがそもそも大型のシーバス用に作られていないことは先にも述べましたが、大型のシーバスそのものが、至ってクセ者のためにやり取りが大変なのです。

 

 

それとシーバスのどこの部分にハリが掛かるかで、釣れる・釣れないの確率が大きく変わるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

アタリが小さく逃げるスピードが凄く引きが強いシーバスとのやり取り

 

大型のシーバスは、ごく一部の例外を除いてはアタリが小さく、エサを取るのが下手です。

 

 

なので、じっくりと送り込んでからアワセを入れるのですが、いきなり猛スピードで沖に走ったり海底目がけて突っ込んで行ったりします。^^;

 

 

この時にドラッグをフリーにしておくことはもちろんですし、スプールでバックラッシュを起こしている部分があると、ミチイトが飛ばされて試合終了・THE ENDとなります。

 

 

更に、上に浮いたかと思うと急降下して、底まで泳ぐスピードは半端ではありません。

 

 

そもそも落とし込み釣り用の竿ではなかなか海面に浮いてきませんし、海面に浮いてきたところでチヌのように空気を吸わせるとおとなしくなるというワケでもありません。

 

 

海面に浮かせると、得意のエラ洗いを連発するだけで、全く弱らないのがチヌと決定的に違うところです。

 

 

エラ洗いなど怖くもなんともない!

 

釣りの本などではシーバスは海面から飛び出て首を振ってハリを外そうとする!と書かれています。
俗にいうエラ洗いなんですが、これでハリが外れたことは今まで一度たりともありません。

 

 

問題なのは、エサ洗いではない!

 

 

問題なのは、エラ洗いの後にシーバスが海底目がけて急降下するときに、ミチイトが出るかということと、ハリスにキズが付いていないかということ。

 

 

大型のシーバスが釣れる・釣れないかは、ハリのかかる部分が大きなな要因となる!

 

ハリがシーバスのどこに刺さっているかで、釣れる・釣れないかがほぼほぼ決まると言っても過言ではありません。

 

 

シーバスの口の中には、棘のような突起物が無数にあります。

 

 

俗に言われる「ジゴク」と呼ばれる部分にハリが掛かると、ハリスがシーバスの口の中の突起物で擦れることがないために、釣れる確率はグンと上がります。

 

 

ところが、ハリが喉の奥に刺さったようなときは、エラ洗いややり取りに時間をかけることでハリスが擦れて、テンションがかかると、そこから切れてしまいます。

 

 

だからと言ってアワセを入れるときに、ハリが「ジゴク」に掛かるように作為的にアワセるというのは、名人でもない限りなかなかできることではありません。

 

 

だから、大型のシーバスになるほどハリがどこに掛かるかで釣れる・釣れないがほぼほぼ決まってしまうのです。

 

 

シーバスがクセ者と言われる理由

 

シーバスとやり取りしている時に、急にミチイトのテンションがなくなり、「あれ?バレた??」と思うことがあるはずです。

 

 

こんな時こそ要注意で、シーバスが釣り人の方に向かって泳いでいるんです。

 

 

ハリがしっかり掛かったシーバスに気が付かずにタックルを置いたり、ドラッグをフリーにしておかないと、タックルごと持っていかれたり、急にシーバスが暴れ始めてイトが切れるハメになります。

 

 

かなり大きなシーバスほど、このパターンをよく使うような気もします。

 

 

なので、バレた!?かなと思っても、仕掛けを海から引き揚げるまでは気を抜くとダメなんです。

 

 

タモで掬うか、ハリスが切れるかして仕掛けを回収するまでは、油断大敵という言葉はシーバスのためにあるような言葉だと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮