堤防からの落とし込み釣りの魅力とは?

堤防からの落とし込み釣りの魅力

堤防からの落とし込み釣りは、マニアックな釣り方のように思えますが、実は覚えておくと絶対に損をすることのない釣り方でもあるのです。

 

 

「防波堤のスーパースター」と言われるクロダイも、落とし込み釣りをマスターすれば、「単なる常連さんの魚のひとつ」になります。^^;

 

 

堤防から魚を狙う釣り方には、投げ釣りやウキ釣り、ルアー釣りなどそれぞれの釣り方があるのですが、どの釣り方をしてもイマイチ釣果が上がらないという時は案外多いはずです。

 

 

そのような時に威力を発揮する釣り方のひとつが落とし込み釣りでもあるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

落とし込み釣りをマスターしておいた良いワケ

 

防波堤や埠頭ではそもそもどこに魚が集まるのかを考えたときに、実は釣り人の足元である防波堤の壁面であることが多いのです。

 

 

 

防波堤の壁面には、カラス貝やカキなどが張り付き、更に海底には石が敷き詰められていたり、石が無造作に積まれていたりすることが多いはずです。

 

 

カラス貝の層やカキガラなどには多くのエビやカニなどの甲殻類などが集まり、そこは魚たちにとって格好のエサ場にもなっているのです。

 

 

多くの魚たちのエサ場にもなっている防波堤の壁面を狙う釣り方が落とし込み釣りなのです。

 

 

堤防からの落とし込み釣りの魅力

 

堤防からの落とし込み釣りの魅力はいくつか挙げられます。

・道具がシンプル
・仕掛けが簡単
・エサは現地でも調達できることが多々ある

これらがよく言われる落とし込み釣りの魅力ですが、他にもあります。

 

 

まだまだたくさんある落とし込み釣りの魅力

・いろいろな魚が釣れる
・驚くほどの大型の魚が釣れる
・驚くほどの数が釣れる
・クルマ横付けの場所でも釣れる
・多くの方が釣りをしない場所で釣れる

 

ピンポイントを狙い撃ちする釣る方もできますし、広範囲に渡って魚がいる場所を発見できる釣り方でもあるのが落とし込み釣りの魅力でもあります。

 

 

歩きながら釣りをするので、健康にも良いわけです。

 

 

色々な利点が多い落とし込み釣りをしない理由が見当たりません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮