落とし込み釣りはこうして釣る!

落とし込み釣りの釣り方実践編

落とし込み釣りは言うまでもなく、防波堤や埠頭の壁面についている魚を狙う釣り方です。

 

 

 

防波堤の壁際スレスレを狙うのが良いとされますが、5センチから15センチぐらい離れていても波の動きで壁面に近づいたり、離れたりするから、これぐらいは許容範囲だと考えても良いでしょう。

 

 

だが、ビギナーの中には、壁面から50センチはおろか1メートルぐらい離れたところに、エサの付いたハリを投入してさっぱり釣れない!と嘆いている方も見受けられます。

 

 

そんなに壁面から離れては、名人でも釣れません!!

 

 

壁面にエサを落とすと云ったら壁面から5センチ〜15センチの間に意識的にエサの付いたハリを落としてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ちょいと難しく感じるかもしれないイトフケの作り方と出し方

 

 

目印糸を使うときも、使わないときも、出さないといけないのがイトフケ

 

 

ハリのすぐ上にガン玉のBを1つぐらい打ってカニなどをハリに刺して落としていく際に、沈降速度を考えながら余分なイトを出しておくことでイトフケを作るのです。

 

 

狙うタナと海面から防波堤・堤防の高さを勘案しながら、「狙うタナの深さ+海面から堤防までの高さ+1・5メートルぐらいの長さのミチイト」を予めリールから出しておくことがキモ。

 

 

その状態でエサの付いたハリを壁面スレスレに落とし込むと、余分に出しているミチイトが海面から上にたるんだ状態になるが、その糸の動きでアタリを読み取るのです。

 

 

最初は要領を得ずに難しく感じるかもしてませんが、何度かやっているとコツが分かるはずです。

 

 

防波堤スレスレに立って自分の姿を海面に映さないように防波堤のヘチから1メートルぐらい離れた位置から竿を出すことが必要です。

 

 

海水が濁っていても、チヌはこのへんは敏感な魚ですから、自分の姿を海面に映さないことは肝に銘じておくべきだと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮