{前打ち」の技を覚えれば、釣果UPは間違いない!

チヌの落とし込み釣りの「前打ち」を知りたい方のための解説

基本的に落とし込み釣りは、防波堤や埠頭の壁際をゆっくりと探る釣り方です。

 

 

でもそんな釣り場ばかりではなく、ポイントが堤防のヘチでないところを狙うときに、役立つ釣り方が「前打ち」と呼ばれる釣り方です。

 

 

分かりやすく、どんなところで「前打ち」が威力を発揮するのか?というポイントをご紹介いたしますと、こんな場所です。

 

 

博多湾に良く釣りに行かれる方であればご存知の、荒津オイルセンターのこんなポイント前打ちに向いているポイントです。

 

 

俗に言われるストラクチャー(構造物)周りです。

 

 

どちらも足元からかなりの距離があり、柱周りについているチヌを狙い撃ちにするときに、「前打ち」のテクニックが必要となります。

 

 

 

こちらのテトラの先の部分を落とし込み釣りで狙う時にも、「前打ち」のテクニックが必要となります。

 

 

『「前打ち」って、どうすると〜?』と、思われる方は、このまま読み進めてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

落とし込み釣りにおける前打ちの時に使うロッド

 

基本的に「前打ち」に使うロッドは、長めの落とし込み釣り専用ロッドを使います。

 

 

関東風の野島竿のような短竿は、出来ないこともありませんが、難易度がグンと上がってやりづらいと思います。

 

 

ポイントまでの距離にもよりますが、私は市販されている落とし込み釣りロッドでは、5メートル以上、場合によっては最長の7・2メートルのロッドを使うこともあります。

 

 

残念なことに、チヌの前打ち用のロッドは、リアル店舗ではほとんど在庫を抱えていません。

 

 

稀にあっても、2〜3本程度と云うのが、私のこれまでの経験。

 

 

取り寄せて購入するよりも、ネットで購入したほうが恐らく安上がりです。

 

 

私も荒津オイルセンター攻略のために宇崎日新の7・2メートルの竿を購入したときは、ここから購入しました!!
チヌの前打ち用のロッド

 

 

でも、こちらの7・2メートルは長過ぎました。(涙)

 

 

8本継ぎで、Uガイドとミニクロガイドにミチイトを通すだけでも一苦労しますし、上に電線があるような場所では使いづらいだけ。

 

 

それに、腕がパンパンになるぐらい重いのです。^^;

 

 

出来れば、5メートル以上6メートル以下のロッドが良いかと思います。

 

 

落とし込み釣りにおける前打ちの注意点

 

 

要は冒頭でも述べましたが、足元狙いではなく、かなり離れたポイントを狙うのが「前打ち」ですから、この釣り方をマスターすれば、博多湾以外の糸島や志賀島方面のテトラの先からも落とし込み釣りが可能になります。

 

 

つまりは、落とし込み釣りで釣れるフィールドが広がることを意味します。

 

 

但し、糸島や志賀島方面の巨大なテトラ際から釣ることは、決してお勧めしません。

 

 

大きなテトラは危険がいっぱいで、最悪命を落としかねません。

 

 

具体的には西浦漁港の旧波止ぐらいですとOKですが、巨大なテトラが入っている新波止からはやめておいた方が良いです。

 

 

そんなことをしなくても、博多湾内で足元狙いで釣れるポイントはいくらでもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮