自分に合ったロッドを人気ブランドから選ぶ!

人気ブランドの落とし込みロッド

博多、いや福岡県下では、関東や関西に比べますと、それほど落とし込み釣りに人気があるわけではありません。(涙)

 

 

東京湾や大阪湾には、人口の違いもありますが、博多湾で落とし込み釣りをする釣り人などと比較にならないほどの多くの「落とし込み釣りファン」がいるんです。

 

 

 

落とし込み釣りのロッドは、大きく分けて2パターン。

 

 

一つは、東京湾を中心として進化したヘチ竿と呼ばれる2・4〜2・7メートルぐらいの短竿。

 

 

もう一つは、大阪湾を中心とした3・6〜4・5メートルぐらいの長さの落とし込み竿で、更には6メートルから7・2メートルまでの前打ち専用竿もある。

 

 

要は、水深や防波堤の構造などに合わせて使い分けるのですが、最終的には好みの問題に帰結すると思われます。

 

 

ものの本には、こういう状況では短めの竿、こういう状況には長めの竿、などと区別した使い方を説明していますが、それが正しいのかどうかは各々違うと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

代表的な人気ブランドのロッドをご紹介!!

 

釣り人ならご存知のはずの国内での有名&人気ブランドであるダイワ、シマノ、がまかつ、黒鯛工房の中から落とし込み専用ロッドをご紹介させていただきます。

 

 

ダイワ

 

ダイワの落とし込み専用ロッドとして人気があるのがブラックジャックスナイパーシリーズ。
以前はヘチ竿のような短竿はなかったのですが、関東向けに追加されました。

 

 

ヘチ釣り用

 



 

落とし込み用

 


 

前打ち用

 


 

 

シマノ

 

シマノからは落とし込み釣りの専用フラッグシップモデルの鱗夕彩。

 

 

落とし込み竿

 


 

前打ち専用モデル

 


 

 

がまかつ

 

がまかつからは、ヘチ竿で大人気で品切れが続く銀治郎などを紹介。

 

ヘチ竿

 


 

落とし込み竿

 


 

前打ち専用ロッド

 


 

黒鯛工房

 

他社を圧倒するラインナップは黒鯛工房ならでは。

 

ヘチ竿

 


 


 


 


 

落とし込みロッド

 


 


 

前打ち専用ロッド

 


 


 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

 

 

人気ブランドのごく一部をご紹介させていただきました。

 

 

福岡県下の釣具店には、これらのすべてを取り揃えているお店は残念ながらありません。

 

 

多くはお取り寄せになるかと思いますが、もしもお取り寄せでしたら、ネットで買ったほうが早く届いて安いと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮