落とし込み釣り用の人気のリールとは?

人気ブランドの落とし込み釣り用リール

「落とし込み釣りに使うリールはスピニングリールではダメなのか?」という質問をよくされますが、やろうと思えばスピニングリールでも釣れないことはありません。

 

 

 

 

もしもあなたが、2000番以下のスピニングリールPEラインの1号以下をスプールに巻いているのであれば、まずはスピニングリールで釣ってみるのも一興です。

 

 

私も随分昔は、小型のスピニングリールからヘチ釣りをはじめましたし、たまたま落とし込み釣り用のリールを忘れてスピニングリールの代用品で釣ったことがありますが、釣れないことはもちろんありません。

 

 

ですが、やはりクロダイ釣りの釣趣や使い勝手の良さを勘案すると、落とし込み釣り専用のリールが使ってみたくなるはずですし、使いこなせるようになるとスピニングリールよりは格段と便利です。

 

 

どうせ買うのであれば、最初から良いリールを買いたい!という方は、少し値が張りますが、人気ブランドの落とし込み釣り専用リールが飽きも来なくて良いと思います。

 

 

人気ブランドは、黒鯛工房、シマノ、ダイワのリールです。

 

 

ダイワ

 

ダイワからはBJ75とBJ75Dをまずはご紹介させていただきます。

 


 


 

 

BJ75とBJ75Dとの違いはドラック付きかそうでないかの差です。

 

スプール径75ミリのマシンカットにより、軽量化とサミング性能に優れています。

 

更に、マシンカット技術を駆使してスプールエッジの3次元形状を追求したモデルがこちらのBJ85です。


 

更にダイワからはこちらが落とし込み専用リールとして発売されています。

 


 


 

 

シマノ

 

シマノからはロッドやタモの柄も発売されている鱗夕彩 (りんゆうさい)シリーズが人気があります。

 


 


 

鱗夕彩 (りんゆうさい) 88スペシャルは88ミリの径の3Dマシンカットスプール。
両側から指で挟むことができます。

 

 

 

黒鯛工房

 

単一魚種であるクロダイに特化したブランドとして知られ、ヘチ釣り、落とし込み釣りでは他社を圧倒するラインナップを揃えているブラントとして有名。
凄腕クロダイ師が唸るハイスペックモデルが多いのも特徴。

 

ヘチ釣り用リール

 

黒鯛師 THEヘチセレクション 88W X-BT ブルーチタン

 


 

 

黒鯛工房 黒鯛師 THE ヘチリミテッド 88W?TG チタン/ゴールド

 


 

 

落とし込み釣り用リール

 

  

 

はやと丸で沖防に渡って年なしのチヌをガンガン釣りまくるぞ!!という方は、たいていは上記のブランドのリールを使っている方が多いようです。

 

 

高価でも良いものを大事に使えば、それはそれでコスパに優れていると言えると思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ヘチ釣り・落とし込み釣りの廉価品リール

 


クルマ横付けで、中央埠頭や箱崎埠頭などで、たまにチヌを狙うぐらいだから、そんなに高いモノでもなくても構わないよ〜!という方がおられると思います。

 

 

ロッドと竿で10000円から15000円ぐらいのモノで上等!!という方もおられると思います。

 

 

そのような方のために、落とし込み釣り用の廉価品のリールを探してみました。

 

 

廉価品と云えども性能が劣るわけではありません。

 

 

中でもプロマリンやプロックスの落とし込みリールはなかなか秀逸です。

 

 

プロマリン

 

 

 

 

これらはちょい釣りでも使えます。

 

 

本格的にチヌを狙うならこちら。

 

   

 

DRシリーズはドラッグ付きで、NRシリーズはドラグなしのリールです。

 

 

プロックス

 

 

 

 

高級品だから釣れる、廉価品だから釣れない!などと云うことはほとんど関係ありません。

 

 

後は財布の中身を見て、ご自身でご判断下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

博多湾の今日の潮