博多湾の落とし込み釣りポイント

箱崎埠頭 ビートル発着場付近

箱崎埠頭のビートル発着場付近は知る人ぞ知る夜釣りのウキ釣りでの好ポイント

 

 

 

アオムシをエサに電気ウキやケミホラルをトップに付けたウキでのフカセ釣りで、フッコ〜スズキクラスが良く釣れるポイントとして知られています。

 

 

もちろん、メイタ〜チヌも多く潜んでいますが、それは当り年の時に限ります。

 

 

この箱崎埠頭のビートル発着場付近に限らず、私の長年の経験則では水銀灯などの常夜灯が灯るポイントは意外な大物が釣れることが多々あります。

 

 

 

 

光が当ることで、プランクトンが発生し、
プランクトンを食べる小魚や甲殻類等が集まり、
それらを捕食するスズキやチヌなどの魚の通り道になっている様な気がします。

 

 

 

 

夜釣りをするときは、常夜灯があるとポイントが絶対におススメです。

 

 

このポイントの難しさは、画像でお分かりのように浮き筏を繋いでいる大型のチェーン付近に魚が付くのですが、これが難易度を高めます。

 

 

 

 

 

つまりはこのチェーンのために魚はいるが、釣りにくい釣り場になっています。

 

 

大物がハリに掛かっても、チェーンの根元に逃げ込まれると、釣れる魚も釣れません。^^;

 

 

足元でアタルことも稀にありますが、チェーンが沈んでいるところでアタル場合が圧倒的に多いのです。

 

 

 

 

ウキで狙うにせよ、落とし込み釣りで狙うにせよ、難易度はかなり高いです。

 

 

私自身このポイントでは過去に何度も大物を掛けましたが、チェーンの近くに逃げ込まれて、ミチイトやハリスを飛ばされると言う憂き目に遭っています。

 

 

ハリを掛けて、魚が逃げるであろう経路を把握してアワセを入れなければ、かなりの確率でバレます。

 

 

つまり竿を右か左かにアワセることで勝負が決まります!!

 

 

口で言うほど簡単ではありません!! ^^;

 

 

ウキ釣りをするポイントであり、落とし込みで狙うのであれば、竿先が硬めの竿で強引に抜き取るような釣り方をしなければ、高確率で釣り逃がすポイントでもあります。

 

 

魚影は濃くても魚が見られないことで、ストレスが溜まるポイントです。

 

 

エサが海底に着くと、ハゼの餌食になり、
中層ではチイチイフグが多いポイントです。

 

 

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮