意外な大物が潜むお手軽ポイント

箱崎漁港

近場でありながら、知る人が少ないのが箱崎漁港

 

 

 

 

国道三号線沿いの箱崎のルミエールの裏付近にある釣り場。

 

 

知っている釣り人なら沖防に渡してくれるはやと丸が停泊していることでも有名なんです。

 

 

 

釣り場は狭く、博多湾の一番湾の奥の奥と言うこともあり、多くの釣り人が見落としがちなポイントであることは間違いない。

 

 

今から3年ほど前に、テトラが入り、防波堤の先端部分が付け加えられたことで、潮の流れが変わり、以前ほど釣れなくなったのは事実ではある。

 

 

 

 

この先端部分ができる前に、水銀灯のある角から竿1本ほどの先で仕留めたのがこちらの50センチオーバーのチヌだ。

 

 

 

7月ぐらいから10月ぐらいにかけては、メイタ〜チヌが良く釣れるポイントで、際ではセイゴ〜スズキが釣れることはまずないものの、ウキ釣りでは驚くほどのサイズのスズキがハリに掛かることが多々ある。

 

 

水深も比較的浅くて釣り易い。

 

 

 

 

かっては、メバルの宝庫だったが、近年は夏の猛暑で海水温が上昇した年を境に全くと言って良いほどメバルやタケノコメバルがいなくなった。

 

 

際を探れば面白いようにメバルやタケノコメバルが入れ食いで釣れたポイントだったが、回復するにはかなりの年月がかかるかも?

 

 

落とし込み釣りで釣れない時はウキ釣りがおススメのポイントでもある。

 

 

エサはアオムシで十分!!

 

 

橋脚周りを狙う方が多いが、ここは案外釣れないポイント

 

 

 

 

おススメはこちらの先端からのウキ釣り

 

 

 

私はここからのウキ釣りでチヌやスズキを何度もバラしている。(涙)

 

 

思わぬ大物が潜んでいるんです。 ^^;

 

 

ミチイト3号、ハリス3号を余裕で瞬時に切って逃げるモンスターもいる!!

 

 

決してアカエイなどではない!!

 

 

ルアーマンも時折見かけるが、釣れたのを見たことがないのは私だけ??

 

 

過去にはここでフローティングミノーで28センチのメバルを釣ったと言う噂を聞いたが本当かも知れない。

 

 

対岸の東浜の西部ガスのガスタンクの護岸にあるストラクチャー周りはボートメバルの穴場として知られている。

 

 

狭いポイントだが、いろいろな釣り方を試せる気が抜けないポイントが箱崎漁港です。

 

 

>>>トップページに戻る

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮