博多湾の落とし込み釣りでカレイ

カレイ

私にとって、昔話のようになって一番寂しい魚が
カレイとアイナメ

 

 

 

 

 

 

かって、「博多湾はカレイの宝庫」だったと言っても、
恐らく今の20代〜30代の方には信じてもらえないかも
しれません。

 

 

 

 

 

今から凡そ25年前に箱崎埠頭の今は立ち入り禁止区域に
なっている場所や、須崎埠頭の東側の同じく立ち入り禁止区域では、
カレイがたいそう釣れていたのです。

 

 

 

ウソではなく、
私は箱崎埠頭でチョイ投げ釣りで、
カレイを1日100匹以上釣った
経験があるのです。

 

 

 

アオムシをハリに刺して、投げ込んでさえいさえすれば、
手の平から30センチ程度のカレイは10枚を下回ることの
方が珍しかったのです。

 

 

 

当時良く通った姪浜の漁港内でも、
短い探り竿でアオムシをエサにへチを釣ると、
25〜30センチオーバーのカレイが良く釣れたことを
記憶しています。

 

 

 

 

 

 

へチでよく釣れていたのです

 

 

 

今は沖防に渡す船は、はやと丸しかないのですが、
25年ほど前は、須崎埠頭からあさひ丸と言う船も
専ら赤灯台に渡してくれていたのです。

 

 

 

船長の名は伊藤さんと言い、
私は「への字」あたりでよくメイタ〜チヌを狙いに行ったものです。

 

 

 

もちろん赤灯台周りもよく行っていたのですが、
満ち込みの時に犬走りから低いところで釣っていた方が
波にさらわれて溺れると言う事件が相次いだのです。

 

 

 

下げの5分ぐらいから、上げの5分ぐらいまで歩いて釣れる広大な堤防は、
潮が満ちてくると足元に海水がドンドン押し寄せてくるのです。

 

 

 

メイタ〜チヌが下手でも釣れるものですから、
我を忘れてそこで釣っていると、
大型船舶が赤灯台と白灯台の間を横切ったときに来る高波で、
釣具はおろか、釣り人まで一気に流されてしまうのです。^^;

 

 

 

前置きが長くなりましたが、
私はこの赤灯台周りの下げ潮狙いで、あさひ丸で渡ったときのことでしたが、
犬走りから一番下がった広大な広場に、
3センチ程度のカレイの稚魚が足の踏み場もないほど打ち寄せられている光景を見た事があります。

 

 

 

その数ときたら、数万匹です!!

 

 

 

いや、数十万匹だったのかもしれませんでした。

 

 

 

赤灯台から荒津のオイルセンターから突出している防波堤の真向かいにある白灯台までの、
凡そ1キロ以上が3センチ程度のカレイの稚魚で埋め尽くされていたのです。

 

 

 

小学校に入る前から海釣りをしている私も
最初で最後の光景でした。

 

 

 

博多湾の沖の防波堤はカレイの稚魚で埋め尽くされていました。

 

 

 

今思えば、その年の冬からめっきりカレイが釣れなくなりました。^^;

 

 

 

あのときのカレイの稚魚は潮が引いて、赤灯台の一段下がった広場で
干上がって絶命したはずです。^^;

 

 

 

どうしてそんな現象が起きたのかは、
定かではありませんし、いい加減なことは言えません。

 

 

 

かってのカレイの宝庫だった博多湾では、
今は釣れることのほうが稀な存在となったカレイ。

 

 

 

最近でも、海底までエサのアオムシをつけて
底狙いに徹していると、
稀に釣れることがあります。

 

 

 

本当に、ごく稀で、1年に一度だとか
二年に一度ぐらいです。(涙)

 

 

 

その数は昔とは比べるべきもありませ

 

 

 

落とし込み竿で水深10メートル以上ある須崎埠頭や箱崎埠頭から釣れるカレイの引き応えはメイタなど問題ではなく、楽しくて手ごたえ抜群でした。

 

 

 

ミチイトが斜めになることで、
すぐにカレイだということが分りましたし、
桜の花が咲く頃の
俗に言う「花見ガレイ」の引き味は素晴らしいものがありました。

 

 

 

この時期釣れるカレイは肉厚で、食べても
とても美味しかったことを記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、落とし込みの竿で30センチオーバーの
花見ガレイ」を釣りたいものです。

 

 

 

 

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮