クロダイ落とし込み釣り

落とし込み釣りのメインターゲットはやはりクロダイですか?

落とし込み釣りと言えば、多くの方がクロダイと言うように、
落とし込み釣りで狙う最もポピュラーな魚です。

 

 

 

 

 

精悍な顔つきと言うか魚の中ではなかなかイケメンな面構えをしているからかも?

 

 

釣りの魚では大変人気があり、日本各地でも昔からいろいろな釣り方が工夫されてきた魚です。

 

 

その理由は人が生活する場所の近くにいることが最大の要因だと思います。

 

 

つまり、近場で狙えるターゲットとして昔から親しまれてきた魚の一つです。

 

 

船賃を払って沖に船で行かないと、釣れないような魚ではなく、
「こんなところに本当にいるの?」と思うような場所にいます。

 

 

 

東京では、当歳魚から2歳魚ぐらいまでをチンチン
それ以上で30センチぐらいまでをカイズ
更に大きなものをクロダイと呼びます。

 

 

博多では、30センチぐらいまでをメイタ
それより大きなものをチヌと呼びますが、
メイタとチヌの大きさの線引きは釣り人によって違うようです。

 

 

多くの釣りの本には、警戒心が強くなかなか釣れない・・・・などということが書かれていますが、私はそう感じたことはあまりありません。

 

 

むしろ釣り易い魚の一つではないか?と思えるほど簡単に釣れる魚の一つであると、思えて仕方ありません。

 

 

なかなか釣れない方の多くは、そもそもメイタ〜チヌがいない場所で竿を出すことが多いのでは?とも思うのです。

 

 

少なくとも、メイタクラスであれば、いそうなポイントを数箇所廻れば、時期にもよりますが、たいていは釣れる魚の一つです。

 

 

面白いのは、ごくありふれたような場所で、50センチオーバーのチヌが釣れることもあることです。

 

 

 

 

50センチ、2キロを超えるチヌはなかなか釣り応えがあります。

 

 

30センチ程度のメイタを数釣るのが好きな釣り方をしていますので、いきなり大物が来ると驚きますが、こういうパターンにも慣れました。

 

 

初めから大物だけを狙い撃ちできるほどの腕も根性もないために、
今日はカラス貝オンリーで釣り場に臨むだとか、
大き目の岩ガニだけで探り続けることが苦手です。

 

 

メバルでも、セイゴでも釣れたら楽しい〜!!と、
アオムシやモエビをエサにして釣っていると、いきなり大物のチヌが登場するパターンが多いのです。

 

 

 

 

若い頃は、チヌ以外には目もくれずに追いかけた日々を送り、沖防にも通い詰めた日々もありましたが、肩肘張らずに当歳メイタでも、メバルでも、セイゴでも釣れたら楽しい!!と言う釣り方をしていると、必ず出会えるのも大型のチヌです。

 

 

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮