箱崎埠頭西側の落とし込み釣り

箱崎埠頭 北岸

箱崎埠頭の釣り場というと、すぐに頭に思い浮かべるのがこの箱崎埠頭の北岸ではないでしょうか?

 

 

 

はやと丸岸壁を含む端から端までかなりの距離がある広大な釣り場です。

 

 

地元の常連さんやベテラン釣り師たちもこのポイントで竿を出すことが多く、博多湾随一のファミリースポットとしても知られています。

 

 

 

 

正面に見えるのが沖防の新波止と呼ばれるポイントで、海路が狭く、潮通しが良いポイントのため、いろいろな魚がいる。

 

 

ガードレール沿いにクルマが止められることもあり、安近短の釣りにはもってこいの釣り場で、サビキ釣り、投げ釣り、ウキ釣り、ルアーフィッシングなどを楽しむことができ、もちろん落とし込み釣りも出来る。

 

 

水深は大潮の満潮時で3ヒロから4ヒロと釣り易い深さでもあり、年によって、季節によって釣れる魚が異なる。

 

 

かっては博多湾随一のカレイ・アイナメの投げ釣りのスポットであったが、近年はカレイやアイナメが釣れること自体が宝くじに当たるよりも極めて確率が低くなった。

 

 

メイタ〜チヌの当たり年の時は沖防に渡らなくても、数も型も狙えるが、いかんせん釣り人が多いため、狙う時間帯は釣り場に誰もいない早朝か、夜釣りでしかなかなか大物は望めない。

 

 

際にはメバルやタケノコメバルが晩秋から春にかけて付き、6月から10月にかけては木っ端から手の平大のクロも付く。

 

 

ごく稀に、アラカブやクロソイなども釣れることがあるが、狙って釣れるものではなく、あくまでメバル釣りの副産物というパターン。

 

 

案外知られていないのが、セイゴ〜スズキ

 

 

ルアーを投げる釣り人やウキ釣り、泳がせ釣りをする方はたまにいるが、モエビをエサにして落とし込み釣りをする方は少なく、案外狙い目。

 

 

モエビが売られている時期に限るのが難点ですが、フッコ級はもちろん、スズキクラスも散発的に釣れるポイント。

 

 

 

 

端から端まで釣り歩く釣り人もほとんどいないために、丹念に探ると意外な釣りが出来るポイントでもある。

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮