博多湾の落とし込み釣りでタカバを釣る

タカバ

タカバと聞いてすぐに実物を思い浮かばせることができる釣り人は案外少ないはずです。

 

 

私が釣りをしていて顔見知りになった釣り人でも、タカバと言う名前を知っている釣り人はあまりいない様な気がします。

 

 

もちろん博多の方言です。

 

 

これがタカバです。

 

 

学名はマハタです。

 

 

マハタのことを博多ではタカバと呼びます。

 

 

30〜40センチぐらいまでは縞模様が鮮明に残っています。

 

 

大きなモノは1メートルを超えると言われていますが、船釣りでもそのような大型は釣ったことがありませんし、見たこともありません。

 

 

但し、大きくなると縞模様が消えて、本当のアラつまりクエと混同されることもあるようです。

 

 

博多で一般的に言うアラは学名クエです。

 

 

学名アラというスズキに似た魚はいますが、博多近郊では釣れた噂を聞いたことがありません。

 

 

さて、このタカバですが、落とし込みで際を狙っているときに釣れますが、湾奥ではごく稀な存在です。

 

 

私は博多湾で過去三回釣った記憶がありますが、
そのうちの2回は姪浜界隈で、
もう1回は能古島にて釣りました。

 

 

姪浜漁港内で釣れたタカバは25センチクラスがまとめて5匹釣れました。

 

 

同じくマリノア周辺では38センチのタカバを釣った記憶がありますし、能古島では40センチを超えるタカバが釣れて驚きました。

 

 

どの釣りでもエサはアオムシでした。

 

 

狙って釣れる魚ではありませんが、釣れると嬉しい魚です。

 

 

ハタの仲間だけあって、刺身や煮つけはとても美味しい魚です。

 

 

大型のタカバは鍋物にも向いていますが、そのようなタカバは船釣りでもなかなか釣れません。

 

 

30センチを超すタカバが落とし込みで釣れると、とても嬉しくなります。

 

 

自然の恵みを甘受したと言う気分になります。

 

 

狙って釣れる魚ではないだけに大型のタカバが釣れると、チヌなど問題にならないぐらいニンマリしてしまいます。

 

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮