博多湾の落とし込み釣りで釣れるタケノコメバル

タケノコメバル

博多湾でタケノコメバルと言う存在がクローズアップされたのは、それほど昔のお話ではありません。

 

 

異常発生する年と全く釣れない年がある様な気がします。

 

 

 

 

沖防でアコウが釣れた!などという場合はほとんどが、タケノコメバルの大型です。^^;

 

 

 

 

皆無とは申しませんが、沖防で本当のアコウが釣れた話など・・・、聞いたことがありません。

 

 

タケノコメバルとアコウを勘違いしているフシがあります。^^;

 

 

結構永く釣りをされている方でも、
アイナメとクジメの区別が分からないような釣り人は、案外多いのです。

 

 

タケノコメバルをアラカブと思うような釣り人も多々います。^^;

 

 

よくよく観察してみますと、まるで違う魚なのですが、多くの方はメイタ〜チヌを釣る為に沖防に渡ることが多く、アイナメとクジメの区別がつかなくても、アコウとタケノコメバルの区別がつかなくても、一般生活にも釣りにも何ら支障はありません。

 

 

事実スーパーの鮮魚売り場でも、アラカブと称してタケノコメバルが売られていることもあります。^^;

 

 

ですが、これをイチイチスーパーに電話代まで使って是正する気もありません。(苦笑)

 

 

嬉しいことに、タケノコメバルの認知度が少しずつ上がってきました。

 

 

 

 

それとは反対に悲しいのが、釣具屋のネット情報では尺メバルと称してタケノコメバルが載せられている事が多々ありました。

 

 

実にしらけます。

 

 

メバルにも気の毒ですし、タケノコメバルにも気の毒です。

 

 

タケノコメバルであれば、「タケノコメバルの尺超え」と言ったほうが誠実さを感じます。

 

 

いずれにせよ、釣り味は良く、30センチを超える大物もいます。

 

 

 

 

もう少し、真剣に見直されるべき魚だと思います。

 

 

 

 

ハリに掛かると、壁伝いに逃げる引き味はなかなかのものがあり、
30センチを超えるタケノコメバルの引き味はすばらしいものがあります。

 

 

釣りたてのタケノコメバルのカモフラカラーも実に鮮やかですし、
煮つけや刺身、鍋の中に入れても、その味はなかなか美味しい!と思います。

 

 

博多湾内では40センチオーバーのタケノコメバルが釣れたと言う情報は聞いたことがありませんが、糸島の漁港などでは40センチオーバーも極稀に釣れているようです。

 

 

最大級は50センチに迫る大きさになると言われていますので、
是非ともそのサイズを釣ってみたい魚の一つです。

 

 

※メバル同様、タケノコメバルも2013年の真夏の高水温により
ほとんど姿を見なくなりました。

 

 

25センチ前後のレギュラーサイズが数多く釣れる日はいつのことやら・・・・・!!

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮