落とし込みで釣れるアラカブ(カサゴ)

アラカブ

落とし込み釣りでメイタ〜チヌを狙っていたり、
メバルを狙っていたりする際にどこからともなく現れて、その型の良さに
驚いてしまうのがアラカブです。

 

 

 

 

アラカブのことをカサゴと呼ぶ方は、たいていは関東方面から転勤してこられた方で、博多はもちろん福岡県ではほとんどアラカブと呼びます。

 

 

天草方面ではガラカブと言われ、大分方面ではホゴと呼ばれるそうです。

 

 

 

 

すべてがそうではありませんが、
落とし込みで釣れるアラカブは25センチオーバーが多く、
小さくても20センチぐらいが大半です。

 

 

アラカブが25センチまでに成長するにはかなりの年月がかかるはずですし、
いったいそれまでどこに隠れていたのだろうと首を傾げます。

 

 

 

 

しかも、夜釣りの浅いタナで掛かることが多いのです。
ほとんどが1ヒロ以内で釣れることが多いのです。

 

 

私は短気でセッカチな性格もあってか、
ひとつのポイントを海底から海面までじっくりと探る釣り方が
結構苦手です。

 

 

どちらかと言うと、その日のタナを決めて、
ドンドン移動するタイプの釣り方で、
特に夜釣りは海面から1ヒロ、深くても2ヒロぐらいまでしか探りません。

 

 

どうかすると、水深50センチから1メートルぐらいのポイントも探ります。

 

 

そちらのほうが効率が良い様な気がするからです。

 

 

水深が7〜8メートルもある、須崎埠頭や箱崎埠頭などでも、
探るのは海面から1〜2ヒロ以外はイトを出すのも、
巻くのも面倒なので、ほとんどしません。

 

 

夕涼みがてらの散歩みたいな釣り方です。

 

 

しかも、神経を集中するために長くても2〜3時間が限界です。

 

 

それ以上は精神的に辛くなるので、
夕方の6時ぐらいから、良く釣って9時ぐらいまでの時間帯です。

 

 

アタリがない時は1時間ぐらいですぐに辞めて帰宅します。^^;

 

 

これまで数十年釣りをしてきて、
粘って良い結果が得られた記憶がほとんどないのです。

 

 

釣れる時はエサを付けて落とし込んだ1投目からアタリがあります。

 

 

しかも、立て続けにアタリが頻繁にあります。

 

 

釣れない時は、タナを変えようと、場所を変えようと、時間帯をずらそうと、
釣れないことがほとんどでした。

 

 

箱崎埠頭で釣れない時は、須崎埠頭でも釣れないのです。

 

 

釣れる時はどこでも釣れます。

 

 

アラカブは博多湾の湾奥ではこれだけを狙って釣ることはほぼ不可能です。

 

 

あくまで脇役であり、副産物でしかないのですが、
私の個人的な価値は45センチのチヌよりも25センチのアラカブが釣れたほうが、断然嬉しい!!

 

 

見ているだけで可愛いヤツです。

 

 

 

 

博多湾の湾奥では滅多に釣れないから、釣れると嬉しい存在であることは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

>>>トップページに戻る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮